ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

うつのみや遺跡の広場、資料館。その6

根古屋台遺跡「うつのみや遺跡の広場・資料館」です。
こちらには、う~ん、と唸ってしまう、
いろいろ貴重な資料が展示されていました♪


うつのみや遺跡の広場、資料館。その7

=== 案内より ===
発掘調査発祥の地
栃木県と考古学とのつながり

私たちが住む栃木県は、日本の考古学の発達の上で
古くから重要な関わりがあります。

元禄5年(1692年)テレビでおなじみの水戸黄門・徳川光圀が
那須郡湯津上村にある上侍塚古墳・下侍塚古墳の発掘調査を行いました。
この調査は宝探しのためではなく、古墳の被葬者(葬られている人)を知るためのもので、
学術的な発掘としては世界で最も早いものです。


うつのみや遺跡の広場、資料館。その8

しかも光圀は出土品を自分のものにせず、図面をとるとすぐに埋め戻し、
古墳をもとの状態にかえしたうえに松の木を植えるなど、
その態度が高く評価されています。
云々。。。


なるほど~、黄門様すごいっ♪
みたいな感じであります。


うつのみや遺跡の広場、資料館。その2 うつのみや遺跡の広場、資料館。その5

土器や土偶、身につける装飾品など、根古屋台遺跡から発掘されたものを中心に
数多く展示されていましたが。。。


うつのみや遺跡の広場、資料館。その1

これはっ(汗、、、

===
西原遺跡の小石棺
この石棺は、西原遺跡(下桑島町)1号墳の周溝から出土したものです。
小型なため、この石棺は再葬か子供を埋葬するために使用されたと
考えられます。
なお、人骨は、埋葬の様子を知るために設定したものです。
また、石棺の内部に朱が塗られていたことを物語る痕跡が
玉石の一部に残っています。
云々。。。


うつのみや遺跡の広場、資料館。その3

なんとっ(汗、、、

===
遺物が出土した墓壙群
この「うつのみや遺跡の広場」が国の史跡に指定された大きな理由は、
墓地を囲んで葬送儀礼などの集団祭祀を行っていたと推定され、
他に類例のないことによります。
展示は、遺跡の中心となる墓地の土抗のうち、
耳飾や首飾りなど(32点、重要文化財)が出土した墓壙群の一部です。
なお、この模型(1/2)に示した人骨や人形は、
埋葬の様子を知るために設定したものです。
云々。。。


縄文時代と弥生時代、規模の違いこそあれ、
吉野ヶ里遺跡(佐賀)の「北墳丘墓」にそっくりではないでしょうか?!
すげーっ★


うつのみや遺跡の広場、資料館。その4

佐賀県と宇都宮。
ずいぶんと離れていますが、同じような生活、
また祭祀の様式があったのかな~?

なんだかとても得した気分♪
「うつのみや遺跡の広場・資料館」。来てヨカッタ。



以前の記事はこちらから。
根古屋台遺跡、うつのみや遺跡の広場にて。vol.2 [宇都宮市]

侍塚古墳 samuraizuka-kofun にて。 ★大田原市
吉野ヶ里遺跡(歴史公園)へ参る。。。♪その6  佐賀県神埼郡吉野ヶ里★北墳丘墓

開園時間/9:00~17:00(4月から10月、入園は16:30まで)
開園時間/9:00~16:30(11月から3月、入園は16:00まで)
入園料/無料
おやすみ/月曜日(祝休日にあたるときはその翌日)
おやすみ/12月29日から1月3日

【うつのみや遺跡の広場】
@栃木県宇都宮市上欠町151-1


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する