ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

伊勢神宮。内宮の五丈殿。

伊勢神宮。
内宮の「皇大神宮」です。

こちらは神楽殿のすぐ隣「五丈殿」。
お祓いや遙拝などの諸式が行われます。
建物の長さが五丈(一丈約3m)なので、五丈殿と云われます。


伊勢神宮。内宮の由貴御倉。

五丈殿の奥にある「由貴御倉・ゆきのみくら」。
〝由貴〟とはけがれのないという意味だそうで、
御饌祭のお供えを納める役目の御倉です。


伊勢神宮。内宮の御酒殿。

御酒殿・みさかどの」。
昔はここで、お供えする神酒が造られていたそうです。


伊勢神宮。内宮の四至神 その1 伊勢神宮。内宮の四至神 その2
(写真はクリックで拡大します。)

五丈殿、由貴御倉のちょうど合い向かいに、
四至神・みやのめぐりのかみ」があります。
宮域の境界を守られている神様。
社殿を持たず、大昔の磐座(いわくら)祭祀の形態を残す神様です。


伊勢神宮。内宮の忌火屋殿(いみびやでん)その1

忌火屋殿・いみびやでん」。


伊勢神宮。内宮の忌火屋殿(いみびやでん)その2

神饌が調理される神様の台所です。
古代さながらの火鑽具(ひきりぐ)で、清らかな火(忌火)を切り出し、
その火で神様への供物が煮炊きされます。

五丈殿他、由貴御倉、御酒殿、そして忌火屋殿と見て回りましたが、
建物の形こそ違いますが、なんだか縄文時代の集落遺跡にも似た感じを覚えます。
特に社殿の存在しない四至神。
古代の磐座、その祭祀形態が残されていたのには驚きます★

いや~、やっぱりナニゲに深いですね~★



以前の記事はこちらから。
伊勢神宮。皇大神宮(内宮)、神楽殿と御厩。 [三重県伊勢市]

【皇大神宮(内宮)・五丈殿】
@三重県伊勢市五十鈴川上


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する