FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

足利の伊勢宮の東に、日本料理の「京かのこ」があります。
伊勢宮参りをしてから…も悪くはないのだけど、
夜の神社は、神様もオネンネ中で、百鬼夜行じゃないが、
いろんなネガティブなものを引きつけてしまうらしい。
いろんなモノがウヨウヨいるらしい…ので
ゴハンに直行~。

昼間電話で「河豚(ふぐ)のコース」を予約しておきました!
わくわくしながら店内へ。一番奥の和室に通されます。
足利 京かのこ 個室
モダンな掛け軸のあるお部屋。

足利 京かのこ 八海山
今日は新潟のお酒「八海山の本醸造酒」。
片口に入ったお酒を切り子硝子に注いでキュイッキュイッっとね。。。
ん~、、、幸せです。

足利 京かのこ 前菜
最初のお料理。
キリリとした八海山を運びながら、最初のお料理をいただきます。
季節をさり気なく意識した「お野菜と魚介の炊き合わせ」。
そして、写真の奥に見える「あんきものお豆腐」
コレが絶品でした。あんきもですから、濃厚でまったりとしているのですが、
お汁に酢が効いているのでさっぱりといただける。
なんか、いくらでもイケちゃいそうな感じ。。。

お次は「河豚のお刺身」。河豚のお刺身ってキレイですよね。


白くて透き通っていて。
足利 京かのこ 河豚刺身
あの外見からは想像できないほどに淡白。
かぼすを絞って、紅葉おろしをたっぷりと入れて
「ぺろん。ぺろん。」という感じで堪能。
これで一人分ですよ!自分だけの河豚のお皿なんてなんて贅沢なんでしょう。。。(喜)
私は、けっこう「皮」の部分も好きだったりして
コリコリとスナック感覚でいただきました。

足利 京かのこ 河豚鍋
今日の主役は「お鍋」。
先ほど、お刺身をいただきながら、昆布を入れたお鍋に火を入れて準備しておいたんだよね。
はじめに、河豚のアラをゴロンゴロン入れて灰汁(あく)を取って、
それから野菜やきのこ、河豚の切り身を入れてグツグツ・・・。
ほど良きところで、お醤油ベースのお汁にささ~と付けて、ささ~とお口へ運びます。
河豚の白身はどこまでも淡白。淡白小僧です。
骨までしゃぶって河豚を愛でる。冬を愛でる。

湯気のたったお鍋を見ると幸せな気持ちになりますね。
しばし無言で、もくもくと河豚に向き合う。
椎茸も肉厚でブルブルして美味しかったですよ。

足利 京かのこ 河豚の唐揚げ
お鍋の合間に「河豚の唐揚げ」。
唐揚げ粉にしっかりとお味がついているので関東人好みかも。
こんがりきつね色って言葉があるけれど
これ、まさにそう。きれ~いに、からりと揚がってますね。
唐揚げを「はむはむ」と頂いていると、いったん鍋の方は引き上げられます。

足利 京かのこ 河豚の雑炊
戻って来た河豚さんは「雑炊」になっていました。
先程のお鍋のお汁で作られた雑炊。
ふわりと玉子が散っていて見るからに美味しそう!
実際美味しい~のです。いいダシ出てます。
お椀によそって熱々をいただきます。ふうふう~。
この、幸せな瞬間は顔もほっこりしちゃいますね~。

足利 京かのこ 甘味
〆は「和の甘味」。
コンデンスミルクの甘さの効いた美味しいひと皿でした。
この頃、和のデザートが気になります。
冬だからでしょうか。小豆とかお抹茶とかほしくなるんですよね、
はぁ~。河豚、堪能しましたっ。
ごちそうさまでした!

【オマケ】
足利 京かのこ 河豚
お箸と箸置きの下にはこんなかわいい
河豚の絵。お席に座ってこれを見つけた時は
思わず「ぷぷっ」と笑ってしまいました。
こういう演出って好きです。


京かのこ
栃木県@足利市伊勢町(伊勢宮東)
営業時間/pm12:00~pm1:00(L.O)ランチ
pm5:30~pm8:30(L.O)夜
※要予約。
定休日 /毎週日曜日

京かのこ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/244-7b675a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
料理の中でも、日本料理は、季節感や新鮮な素材の持ち味を活かしたヘルシーなメニューのため、近年、見直されてきています。海に囲まれた島国だけあって、魚介類・海産物が豊富なことも、日本料理の特長の一つ。
2006/12/19(火) 19:34:38 | たびグル