FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

1 かるかや山 西光山 長野市

長野駅から中央通り「かるかや山前」交差点のところ。
西光寺 saikouji」です!
〝絵解き〟で有名なお寺さん。

絵解きとは、説教・唱導(仏の道に導くため、教えを説くこと)を目的とする、
宗教者による絵画を用いた文芸・芸能です。
そのルーツはインドにあるとされ、中国、朝鮮半島から、日本に伝わって来ました~、と
ホームページで拝見しました。
物語は物語り、ですが、絵の場合は絵語りとは言わず、
絵解き(えとき)と言うのだそうです。
なるほど★

境内は、見所がたくさんでありました。


2 かるかや山 西光山 長野市

=== 案内板より ===
六地蔵憧
六道の衆生を救う菩薩のお姿を六体の浮彫りであらわした
室町時代の作風であり 素朴ながら柔和なお顔と
やさしいお姿はまれにみるすぐれた作といわれている。
云々。。。

かるかや山 西光山 長野市 その3 かるかや山 西光山 長野市 その4

===
朝日山大蛇の塚(左)
天保6年、朝日山に住む大蛇・小蛇は近くに住む木樵の忠兵門に
古木と間違えて切り殺され町に持ち帰られ見世物にされたのであります。
大蛇は恨んで忠兵門一族に崇り、忠兵門は狂死、一族も奇病により死に絶えました。

その崇リを鎮めるため大蛇に「畜轉善達信士」の法名が授与され
(小蛇は生存していると伝えられ朱色で「得円妙了」と刻まれる)
「朝日山大蛇の塚」として手厚く葬られ、崇りを善神に
むけしめたことにより霊魂が甦り「家運隆盛」「無病息災」「金運招福」等の
霊検があらたかとなり、広く信仰されております。
云々。。。


(右)六地蔵尊。


かるかや山 西光山 長野市 その5

こちらが「本堂」です。


===
苅萱山(浄土宗)
草創正治元年と称せられる。
苅萱上人(寂照坊等阿法師)の開基で その後、石童丸(信生坊道念法師)が
師の苅萱上人(実の父)を慕って、この寺に来り入寂したところで、
境内に父子両法師の墓があります。


かるかや山 西光山 長野市 その8 かるかや山 西光山 長野市 その7

苅萱上人とは筑前の国司、加藤左衛門重氏が遁世出家した姿で
石童丸父子の物語は、この地で終焉しています。

また、境内の大蛇、小蛇の墓は昔旭山で松の樹と間違えて
木樵に切断された大蛇の墓であります。
云々。。。


かるかや山 西光山 長野市 その6

本堂の正面に建てられたこの柱は、
「善光寺回向柱奉納の地」と墨書され、大回向柱の残木から作られたものだそうです。

===
善光寺御開帳
大回向柱残材木使用記念柱
今から約300年前 善光寺現本堂建立のとき
善光寺御開帳のシンボルは、本堂正面に建てられた大回向柱です。
秘仏善光寺如来さまと善の鋼でつながり、参拝者は、この柱に触れ、
御本尊様の功徳を得ることが出来ます。
同柱の寄進は、御開帳ごとに、松代町から奉納されています。

松代藩が約300年前、善光寺現本堂建立の際に普請奉行となったご縁から。
当時の、普請惣奉行[松代藩家老小山田平太夫]で、ここ西光寺を宿舎として工事を指揮。
宝永4年(1707)夏、3年余の歳月をかけた大工事を完成させました。
西光寺の境内には平太夫とその近親者ら五基の墓(供養等)、
本堂にはご位牌が遺されています。
云々。。。


かるかや山 西光山 長野市 その10

===
「かるかや親子の対面」
これは、顔も知らぬ父刈萱上人を尋ねて高野山に登った幼い石童丸が
無明の橋にて父上人と対面した情景を銅像にしたものです。

「かるかや」の話は謡曲「刈萱」や説教節「かるかや」あるいは浄瑠璃など、
中世以来多くの芸能で語り伝えられてきた有名な悲劇ですが、
最も感動的なのは親子の対面を果たしながら、
父が子に親であることを告げぬこの場面です。
云々。。。


かるかや山 西光山 長野市 その12

こちらはお墓ですね。
真ん中が「苅萱上人」のお墓。右が「石童丸」のお墓。
左が「千里御前」のお墓。
千里御前さんというのは、石童丸さんのお母さんのことのようです。


かるかや山 西光山 長野市 その11

「大師堂(園通殿)」。
弘法大師をお祀りしているお堂。


かるかや山 西光山 長野市 その13

神社さんもありました。
「刈萱稲荷社」。


かるかや山 西光山 長野市 その14

七福神の1人「寿老人」の像。

===
寿老人(じゅろうじん)
長寿、財運、子孫長久の御神徳があります。
中国、宋時代の人で、南極老人星の化身と言われ、南の方向を守る神です。
善光寺七福神でも一番南にまつられています。
長頭の老人で右手には巻物をつけた杖を持ち、
左手には宝珠を捧げています。
云々。。。


かるかや山 西光山 長野市 その9

はるばると 尋ねし我が子を前にして
父と名のれぬ はかなさよ

大きなお寺さんではありませんが、歴史たっぷり見所満載。
機会があったら絵解きにも挑戦してみたいですねー。


以前の記事はこちらから。
柳原神社 yanagihara-jinja 。 [長野市]

【刈萱山 西光寺】
@長野県長野市北石堂町


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する