FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

ボンジュール。BECCAN readersの善良な皆様方。
土曜日に、群馬県庁31Fレストランで行われたマナー講習会に
行って参りました。
11名の紳士・淑女が、二人の講師の講義を受けました。
まずは、エコール ド プロコトール モナコ代表の
畑中由利江先生のテーブルマナー講習。
畑中先生は生粋のセレブリティです。
ご自身もスイスのフィニッシングスクールを卒業され、パリの
コルドン・ブルーを修了されました。
日本と、ご家庭のあるモナコ公国を行き来しながら両国の
文化交流コーディネーターとしてご活躍されています。
背が高くてスラリとしていて、はっきりとした華やかなお顔立ち。
美しい方です。
そして、身のこなしが全てにおいてエレガント。
上品で自信にあふれ、女性なら誰もが憧れるような方でした。
今日の講義、わたくし達生徒は、コース料理を頂きながら
テーブルマナーのポイントを実践で身に付けていくというもの。
先生がテーブルをまわってナイフの使い方など指導してくれます。
ちょっと、ドキドキしちゃうワネ!
群馬県庁の31Fレストラン「ヴォレ・シーニュ」は雰囲気も
落ち着いていて、眺めも良く大人のレストランって感じでした。
速攻使えるテーブルマナー 花

さて、さて、コースのはじまりです。


はじまりのひとくち(アミューズブッシュ)とノンアルコールの
シャンパンで、お食事が始まりました。
ここで、食前酒の選び方やメニューの選び方のレクチャーがあります。

速攻使えるテーブルマナー 前菜
前菜が運ばれました。
「鶏もも肉のやわらかテリーヌ セージの香りをベーコンで包んで
サラダを添えて…粒マスタードのビネグレットと共に」
わたくし、けっこう、こういう長いメニュー名って好き。
読んでいるとイメージがふくらんで、おなかが空いてくるから(笑
とっても綺麗な盛りつけのディッシュですが、実はBECCANは
野菜をナイフとフォークでいただくのが苦手なのです。。。
先生は「野菜は三つ折りにしていただきましょう」と仰るのですが…
これがナカナカ…。。。フレンチは大好きだし、色々チャレンジ
してますが、どうしても野菜との格闘は避けられませんね。。
要練習…って感じ。

速攻使えるテーブルマナー スープ
深めのボウルでスープです。
「季節野菜のポタージュ カプチーノ仕立て」
スープの食べ方に、イギリス式とフランス式があるとここで
教わりました。いろんなお野菜の旨味が相まってクリーミィな一皿でした。
スープを飲むときは、太宰治の小説「斜陽」に出てくる『お母様』が
とても美しくスープを召し上がるシーンをイメージしています。
昔の日本にも、エレガントな女性は多々いたのだと思います。

速攻使えるテーブルマナー 魚料理
お魚料理。
「赤甘鯛のムニエルに冬の緑葉を添えて…柚子の香り漂う白ワインソースで」
このお魚料理は、フォークとスプーンでいただきました。
スプーンと言っても、お魚用のスプーンで白身を切る事もできる。
ソースを楽しみたいお料理のときは、ナイフとは限らないそうですね。
白身のお魚は美味しい。フレンチのなかではコレが一番好きです。

速攻使えるテーブルマナー お肉
メインのお肉料理。
「オーストラリア産牛ロースを低温でゆっくりロースト…ボルドー産赤ワインを使ったソースとご一緒に」
やわらかなお肉にソースがしっかりとしみ込んで至福のひととき。
講義ということを一瞬忘れて、お肉の旨味に全神経集中してしまいました。。。

ナプキンの使い方、食事後のナイフとフォークの正しい置き方などなど
知っているつもりでも身に付いていないことってたくさんありました!
でも、一通り教わることができて、今後はどんな場へ出ても
自信を持ってお食事できそうです。周りの方にも少し
教えて差し上げたいなと思います。さりげなく…ですけど。
テーブルマナーって結局は、他者への思いやりの心。
同席している方々へ、シェフへ、ギャルソンへ、他のテーブルのお客様へ。
同じ場所と時間を共有する人たちが、気持ちよくハッピーに過ごせるように
やはり身につけておいた方がいいと思いました。
メルシー。
速攻使えるテーブルマナー ゆりえ
小さな紳士も。。。

【P.S】
速攻使えるテーブルマナー デザート
「パティシエ自慢のかわいいデザート」
デザートと紅茶をいただきながら、「プロトコールマナーサロン・アトリエFloral Aki」の主宰者・折田安紀先生からのレクチャーは「毎日使えるテーブルコーディネイト」。
折田先生のサロンは太田市鳥山上町です。
プロトコールマナーのほか、フラワーアレンジやラッピッング
ブライダルのプロデュースなどご自身の幅広い経験を生かされ
活躍なさっています。
クリスマスも近いので、クリスマスカラーの意味や、お客様をおもてなしするときの
誰でもすぐに実践できるようなテーブルコーディネイトを教えていただきました。
紫ってクリスマスカラーって知ってた?!
速攻使えるテーブルマナー 薔薇
テーブルにセットしてあったフラワー
アレンジメントは、お客様へのお土産のブーケになってました。
すてき!こういうサプライズって本当に嬉しい!




コメント
この記事へのコメント
お疲れ様♪
楽しく美味しく勉強とは、とても羨ましいス。セレブリティ街道を突っ走って下さい\(o ̄∇ ̄o)
2006/12/11(月) 08:42 | URL | 太田のオバチャン@ワーキングプア #t50BOgd.[ 編集]
顔文字かわいいっすネ!特にほっぺ。
おいしい料理でお勉強できるのは嬉しいですが、やはり先生の前だと緊張しますっ。
ごちそうが、どこへ入っていったのか解らないくらい。
でも、こうして緊張の場を持てたことで、次にどこかへ出かけた時には、この経験も活かせそうです。来年の3月には太田市で2回目の開講を予定しておられるようですので、その時には皆様も是非!
畑中先生の美しさを間近で見るだけでも、貴重な経験かも。折田先生のお計らいで、畑中先生とBECCANの2ショットでお写真撮って頂いたのですがBECCANの面(めん)をブログに出す訳にはいかぬので、PCファイルのお蔵入りの宝物となりそうです。
コメントありがとうございました。
2006/12/11(月) 22:33 | URL | BECCAN #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/11(月) 23:10 | | #[ 編集]
素敵なブログ、ありがとうございました。
当日学ばれたことをぜひ実践して下さい。次回お目にかかれます日を楽しみにしております。
2006/12/13(水) 13:04 | URL | 畑中 由利江 #-[ 編集]
先生ご本人からコメントいただけるなんて驚きました。本当に嬉しいです。
先日、学んだ事は、忘れないように日々の食事の席で「自然に」身につけたいと思います。
そして、どんな時でも「思いやりの心」を持った素敵な大人の女性になりたいと思います。
コメント、ありがとうございました。
また、お会いできる日まで!!
2006/12/13(水) 22:19 | URL | BECCAN #-[ 編集]
講座を楽しんでいただけましたこと、私も嬉しい限りです。 是非、これからもご自身磨きを極めて下さい。 次回は「イタリアン」のランチを3月3日(太田市)に予定しております。日常的なマナーをお楽しみ頂ければ幸いです。ありがとうございました。
2006/12/22(金) 12:29 | URL | 折田 安紀 #-[ 編集]
自分磨き
きちんとしたマナーが身に付いているというだけで、なんとなく背筋の伸びるものですね。別に鼻高々になるとかそういうのではなく、心からその場(お店や人々との対話)にいる自分の時間を楽しむことができるのだな~と、今、実感しています。
年末に、一度大好きなフレンチレストランへ一人でランチへ行って来ようと思うのですが、そこで今回学んだ事も役に立ちそうです!
コメントありがとうございました。
これからも色々な企画を私たちに提供してくださいネ。
是非また、遊びにきてください。
2006/12/23(土) 15:58 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/239-0856a545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック