ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

草津温泉 一田屋旅館 その1 草津温泉 一田屋旅館 その2

草津温泉 一田屋旅館 その3

すごく寒いのですが、良く晴れている草津温泉です。
午後2時から入れるのだったら、じゃぁ2時にチェックインしよう♪
というわけでやって参りました「一田屋旅館」さんです。

創業は大正12年という老舗の御宿。


草津温泉 一田屋旅館 その4

湯畑が近いという好立地と、
なんと自家源泉を持っている御宿ということで決定!


草津温泉 一田屋旅館 その5

早速です。こちらは「殿方大浴場」。
綺麗なお湯ですねー★
光っているような淡いブルーです。

草津温泉 一田屋旅館 その6 草津温泉 一田屋旅館 その7

チェックイン時に予約を入れる「貸切露天風呂」。
白濁している色合いです。

殿方大浴場と貸切露天風呂。
この2つ、別のお湯かと思うくらい違う色をしています。
しかしこれこそが一田屋旅館さんが所有する自慢の源泉、
新地蔵の湯」なのですっ!

ホント、驚くくらいに肌がとぅるっとぅるになります♪
すげー。


草津温泉 一田屋旅館 その8

さらに驚くのは「婦人大浴場」。
浴槽が2つ。


草津温泉 一田屋旅館 その9

向かって右側が「湯畑源泉」。そして左が「新地蔵の湯」。
浴槽内で混合されるオリジナルな優れモノ!
2つの温泉の違いがハッキリと分かるんですっ!
だそうです。。。(汗、、、

いやー、こちらのお風呂にも浸かって見たかったなー。
時間で男性と女性のお風呂が交換になれば良いのになー。


草津温泉 一田屋旅館 その10

一田屋旅館さんのホームページを拝見しますと、
なにやら草津には17もの源泉があると言います。

う~ん、ナニゲに深いところを知ってしまった。。。
私が入ったのは、白旗源泉、こちらの新地蔵の湯、大日の湯、
湯畑源泉、万代鉱源泉、それに若の湯くらいでしょうか?
ウムム。。。

草津温泉 一田屋旅館 その11 草津温泉 一田屋旅館 その12

ご婦人の大浴場の手前にある「家族風呂」
こちらは「湯畑源泉」を引いています♪

ちょうど裏に、共同浴場「地蔵の湯」がありました。
次回、挑戦したいですねー。

自家源泉「新地蔵の湯」の他、「湯畑」、
「新地蔵+湯畑」の3つのお湯が楽しめる御宿「一田屋旅館」さん。
温泉良かったぁ~♪



以前の記事はこちらから。
飲ンベエなランチは、カレーうどんで〆る。 [草津温泉*蕎麦 豚しゃぶ 月や]

【一田屋旅館】
@群馬県吾妻郡草津町草津135
TEL/0279-88-3150


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する