FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

桐生市の織姫神社。 その1

桐生市役所の所。
市民文化会館の敷地内です。「織姫神社」。


桐生市の織姫神社。 その2

桐生市の織姫神社。 その3 桐生市の織姫神社。 その4
(写真はクリックで拡大します。)

駐車場の片隅にある神社さんですが、
いろいろな伝説や云われがあるそう。
オレンジ色の額と、“後ろから撮る”の図。

境内に由緒かと思いきや、石碑があります↓

=== 案内碑より ===
富士紡績株式会社桐生工場の跡
この土地12万3千平方米は元富士紡績株式会社桐生工場の敷地であった
明治20年11月日本織物株式会社が創立され全国に魁けて洋式機械を備え
水路2粁を開き米国製タービン2基を据え付け動力と自家発電とに供し
織姫繻子を始め新製品の増産をなし本市産業文化振興の源泉となった

桐生市の織姫神社。 その6

その後経営は桐生織物株式会社 日本製布株式会社 東洋織布株式会社と順次変更した
昭和7年富士紡績株式会社は東洋織布株式会社の委託を受け
施設一切借り受けの賃貸契約を締結し 同社川崎工場の原糸を用い
製品は同小山工場にて加工し市場に出した


同9年10月之を買収し尓来富士紡績株式会社桐生工場として地方産業発展に貢献した
偶々太平洋戦争勃発後同工場は閉鎖を余儀なくされ
土地及建物は中島飛行機製作所の緊急を要する時局産業に転用された

終戦により返還後同会社は絹紡織工場に再建する計画であったが
諸般の状況により之を断念し本市の要請に理解ある協力を示され
土地及建物一切を本市に譲渡せられたので
地方産業文化の中枢として今日の諸施設が実現を見るに至った
ここに由来を記して後世に伝える次第である
云々。。。


桐生市の織姫神社。 その5

この辺り一帯が富士紡績だったのですねー。
戦時中は中島飛行機(現富士重工)に転用されていたとは、
興味深いです、ウムム。。。

ホント小さな神社さんですが、
なかなかなご馳走でありました★
神社の記事というか、郷土史かな?
チョイと時季をあらためて、また散策に来てみたいと思います♪
向こうに水門の跡もありましたし☆



【織姫神社】
@群馬県桐生市織姫町


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する