ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その1

伊香保です。
有名なうどんの街に、歴史あるお寺さんがあります。
板東十六番札所「水沢寺」。
普段、水沢観音と呼ばれているお寺さんです。

水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その2 水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その3
(写真はクリックで拡大します。)

石段の手前にある「手水舎」。石仏さんがいらっしゃいますが、
どちら様なのでしょうか?右手には剣を持たれているようですが?
乗っているのも何だろ?耳があって甲羅があって。。。
亀?バク?


水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その4

参道、石段を上ると「楼門」があります♪
山号「五徳山」の額。


水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その5

左右にはそれぞれ阿吽の「仁王様」。

水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その6 水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その10 水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その11

そして、風神と雷神。


=== 案内板より ===
風神・雷神像
起源は古代インドの神であるが、その尊容はインド的ではなく、
日本中世の俗信的空想によって想像されたもので、
二十八部衆と共に千手観音の守護にあたるとされている。
云々。。。


風神は昭和35年、雷神は寛永19年の製作とありました。


水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その12

狩野探雲さんという方が描かれた龍の天井絵。
迫力ありまする。。。

こちらの楼門は二層になっていて、
後ろの階段から上に行くことができます。
2階には、普賢菩薩、釈迦如来、文殊菩薩が安置されています。
(高い所がまったくダメで、拝見するのは仕方なく断念!)


水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その9

===
水沢寺仁王門
この仁王門は、江戸時代、天明7年(1787)に
完成したと思われる。
三間一戸楼門で彫刻に彩色を施し、1階天井には江戸時代狩野派の絵師で
「上野法眼」の称号を持つ狩野探雲の絵が見られる。

水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その7 水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その8

近世建築特有の華麗さを遺憾なく発揮し、上下の均整のとれた楼門として、
最高の位置を占める名建築である。む
云々。。。


水沢観音 水澤寺、仁王門あたり。。。 その13

うどんを食べに来たり、温泉に浸かりに来たり、
目の前をずいぶんと行き来していたのですが、拝観したのは初めて!

見ごたえも満点、景色も良い、水沢観音「楼門」であります★

つづく。。。



【五徳山 水澤寺】
@群馬県渋川市伊香保町水沢


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する