ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

秋山郷、見玉不動尊 その1 秋山郷、見玉不動尊 その2

新潟県の津南町から、長野県の栄村にまたがる秘境。
秋山郷 akiyama-go」です。

ヒジョーに山が深いんです。
だから秘境。

新潟県側にある「見玉地区」と呼ばれるエリアです。
津南の町の方から南に下ったところにある見玉地区。
ここから、いわゆる「秋山郷」に入る、入口のエリアです。


秋山郷、見玉不動尊 その3

見玉不動尊」にやって参りました。
左に「大黒天」。


秋山郷、見玉不動尊 その4

正面に「仁王門」。
大きなワラジがあります♪

秋山郷、見玉不動尊 その5 秋山郷、見玉不動尊 その6

中にいらっしゃった仁王様は、
なにやらペタペタと体中紙だらけ。。。
ウムム?


=== 案内板より ===
見玉不動尊 縁起
文治元年壇ノ浦の合戦の後、翌文治2年(西暦1188年)
平家・平清盛の家臣、宮本清左エ門が守り本尊である不動明王を奉持し
お告げによりこの地に至って開山する。


秋山郷、見玉不動尊 その7

寺号を見玉山 正宝院という。
全盛時代には七堂伽藍、四十八塚といって村のほとんどが境内地であった。
文政5年(西暦1822年)伽藍四棟を全焼して平清盛の願文、古文書等焼失したが、
本尊不動明王は難をのがれた。


秋山郷、見玉不動尊 その12

不動明王(秘仏)は、天平5年(西暦733年)行基菩薩の作であり
特に眼病平癒に霊験があり、昔から多くの眼病治癒の逸話がある。

本堂は、第16世慶順和尚の時代に大修理したが大正3年5月31日に消失し、
翌4年第21世法城和尚のとき起工し、同年8年落慶、総ケヤキ造りで
長く大雪に耐え損傷しながらも現在に至っている。


秋山郷、見玉不動尊 その13

仁王門は、宝暦10年(西暦1760年)今の長岡市の吉沢仁太郎氏の寄贈によるもので
おおらかな容顔の仁王尊である。
いつの頃からか参詣者が自分の体の痛いところを撫でた紙を
滝の清水で濡らし仁王尊に投げて痛みを救ってもらう習慣がある。

境内には大杉の間をぬって七段の滝が冷たい流れを
惜しげもなく流している。
夏は涼しく、すこぶる美観である。
云々。。。


秋山郷、見玉不動尊 その14

「十二支守本尊」。生まれ歳による守本尊。
千手観音菩薩(子年)~阿弥陀如来(戌年と亥年)までの観音様が並んでいます。


秋山郷、見玉不動尊 その15 秋山郷、見玉不動尊 その16

「烏枢沙摩明王」像と「お願い地蔵」。

===
お願い地蔵
このお地蔵様は皆様の「苦しみ」や「悲しみ」を救って下さる
慈悲深く有り難いお地蔵様です。

秋山郷、見玉不動尊 その17 秋山郷、見玉不動尊 その18

ボケ除け観音
ボケ除け、中風除け、健康、長寿の観音様です。

六地蔵
六道
「地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天」の六つの世界の衆生を
もれなく救ってくださるお地蔵様です。
云々。。。


境内の風景も良く、迫力のあるお寺さんでした。

ちょこちょこと少しだけ散策した「秋山郷」。
偶然知ってしまったこの秘境に興味シンシンであります。
秋が短く、すぐ冬になってしまうのでしょう。
次回は、雪が解けてからかな?

また来てみたい、
また来よう!秋山郷。。。



以前の記事はこちらから。
秘境・秋山郷へ。 [新潟県*見玉地区、見玉不動尊の七段の滝]

【見玉不動尊】
@新潟県中魚沼郡津南町見玉


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する