ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

秘境・秋山郷へ。その5

新潟県の津南町から、長野県の栄村にまたがる秘境。
秋山郷 akiyama-go」です。


秘境・秋山郷へ。その6

長野県側にある「屋敷地区」と呼ばれるエリアです。
ヒジョーに山が深いんです。
だから秘境。


秘境・秋山郷へ。その7

高台に見えるのは「薬師様」と「観音様」。


秘境・秋山郷へ。その8

私が目指したのは~、


秘境・秋山郷へ。その9

「山田」さんのお宅です!

そう!
こちらの山田さんちは、なんとっ、
民俗資料館」として開放されているのですっ!
一般のお宅なのにっ?!


秘境・秋山郷へ。その10

秘境・秋山郷へ。その16

=== 案内板より ===
夫婦で作り上げた秋山郷の民俗資料館はこうして誕生した
昭和48年4月 民俗資料は郷土にあってこそ意義があると確信して
夫婦で集めた、民具、風習物など数百点を部屋の中に所狭しと並べてきました。

管理の面では行き届かない所もあると思いますが、
我が家を秋山郷民俗資料館として開放するようになりました。


秘境・秋山郷へ。その11

秘境・秋山郷へ。その12

秋山郷の人々が長い間かかって造り上げたその一つ一つの生活の知恵には
潤いを忘れた現代の人々をひきつける何か大きな魅力を秘めています。

山国で秘境だ奥信濃といっても 秋山郷は平家の落人の里とも呼ばれ
冬は陸の孤島にもなるところです。
私共夫婦は今この地で生活し その残された民具、風習、信仰を
昔の人々が暮らした創意と工夫を積み重ねた物を今迄に伝えた
一つ一つの資料を見るにつけ、いかに貧困に耐えて来た当時の人々が
苦労と我慢強さが一しおうかがわれます。


秘境・秋山郷へ。その13

秘境・秋山郷へ。その17

この秋山郷の歴史と文化を今迄ささえて来てくれた祖先の努力を
秋山郷に住む私共が秋山人の心の源流を探り
滅び行く、忘れかけた遺産を大切に守り 後の世の子供に
伝えたいと思い資料館として始めました。
昭和48年7月開館
云々。。。


秘境・秋山郷へ。その14

山田さんのご子息さんは作家さんのようです。
資料館2階は、作品の絵画が展示されています。
こちらも素晴らしい!


秘境・秋山郷へ。その15

個人の方が開館されたとは知らなかった!
素晴らしい事だと思いません?!
ルーツを知り、またそれを伝えていくこと。
なんだか深いなぁ。
秋山郷に住む人々の郷土愛と誇りを見たような気がしました。



以前の記事はこちらから。
秘境・秋山郷へ。

【秋山郷民俗資料館】
@長野県下水内郡栄村屋敷
TEL/0257-67-2192
開館時間/9:00~17:00
入館料金/大人・350円、小人(小中学生)・150円
おやすみ/不定休


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する