FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その1

野沢温泉村。
早朝の「湯沢神社」です。
なかなか渋いエントランス?!だと思いません?
「鳥居」の形もカッコイイ~♪


★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その2

少し急な石段、参道には2対の「狛犬」クン。


★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その3

=== 案内板より ===
湯沢神社
湯沢神社は旧く「湯山~湯沢」と呼称された野沢温泉の総鎮守です。
創建の年代ははっきりしませんが、
諏訪信仰の祖神建御名方神(タケミナカタノカミ)を祭神とし、
現在の社殿は明和2年(1765年)頃の造営と伝えられています。
云々。。。


社殿には綺麗な彫刻が施されています。

★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その4 ★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その6
(写真はクリックで拡大します。)

(左)社殿を横から。
奥にあるのがすっぽりと覆屋で囲われた「本殿」。

(右)本殿の右側にあった小さな境内社。
稲荷神社さんかな?

★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その7 ★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その8

(左)「神楽殿」。
奥にあるのは、健命寺の建物です。

(右)神社の西にあった“八海山”と刻まれている石塔。


★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その9

そして、湯沢神社と隣接する「建命寺」。

こちらの建命寺さん、
なんと、野沢菜が誕生したお寺さんとして有名。
このお寺さんから始まった~、みたいな☆
現在まで、野沢菜の原種を作り続けているのだそうです。

★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その11 ★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その10

約250年に誕生したと云われる“野沢菜”。
宝暦6年(1756)頃に、当時の8代目住職の晃天園瑞和尚が京都遊学の折に、
京都・大阪名産の、天王寺蕪の種を持ち帰って栽培したことがその始まり。
気候風土の違う中での栽培で、突然変異を起こした蕪が、野沢菜になったそうです。
すごい~!


★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その13

「晃天園瑞大和尚の彰徳碑」と「野沢菜発祥の地の碑」。


★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その14

建命寺さんの前にある「温泉薬師堂」。


★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その12

約350年前、飯山藩主松平遠江守さんの寄進で建立されたと伝えられています。
現在の建物は昭和28年に再建されたもの。
堂内に安置されている本尊、脇侍、十二神将像は、
仏像彫刻の第一人者・故大内青圃さんの作。

こちらの建物もすごくカッコイイな~。。。


★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その15 ★湯沢神社と健命寺 [北信州・野沢温泉] その16

湯沢神社の西隣にあった「千仏堂」と「延命地蔵」。
江戸時代中期、享保年間頃(1730年代)の創建だそうです。


野沢温泉界隈の社寺仏閣。
歴史たっぷりでとても面白い。
温泉地に歴史有り。また来てみたいなぁ~。



以前の記事はこちらから。
朝市と足湯。 [北信州・野沢温泉]

【湯沢神社】
@長野県下高井郡野沢温泉村


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する