ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

せなかじ岩と雪椿の碑。 その2

阿賀野川に沿った絶景が自慢の麒麟山温泉。
温泉宿が4つしかない(5つだったかな?)の小さな温泉です。

ここの旅館「福泉」さんの正面にある断崖絶壁。
これぞ“せなかじ岩伝説”の伝わる「せなかじ岩」です。
そのまんま、ですね~(汗


せなかじ岩と雪椿の碑。 その3

=== 案内板より ===
せなかじ岩伝説
せなかじとは、背中に荷物を背負うためのわらで編んだ背負い子のことで
左側の切り立った岩の格好がそれに似ていることから、
せなかじ岩と言われております。


せなかじ岩と雪椿の碑。 その5

正面の山は麒麟山で、名前の由来は古代中国で聖人の出現の前触れとして
この世に現れると言う大変縁起の良い伝説の架空動物「麒麟」に
山の姿が似ている事から付けられました。

昔、弘法大師が布教にこの地を訪れたところ、
あまりにも美しい景観に見とれ、腰をおろして背負ってきたものを
そこにおろしました。
それが麒麟山であり、せなかじ岩であると言い語られております。
云々。。。


おおー、すごいっ。
信州、上田の角間温泉、岩屋館さんの裏にそびえ立つ、
真田十勇士の猿飛佐助さんが、技をみがいた巨大な岩盤を彷彿させます!


せなかじ岩と雪椿の碑。 その4

弘法大師さんも訪れた、せなかじ岩ですか~。。。
ナニゲに深いなぁ~。。。

小さな石祠もありました。
せなかじ石をお祀りしているのかな?

せなかじ岩と雪椿の碑。 その1

隣にあった「雪椿発見の地の碑」。
雪椿って、ここ麒麟山で発見、命名されたのだそうです。

ナニゲに勉強もになるBECCANであります。。。



以前の記事はこちらから。
カレーライスと十割お蕎麦。 [新潟県阿賀町*仙人坊]

【せなかじ岩】
@新潟県東蒲原郡阿賀町鹿瀬


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する