ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

熊渡の鍾馗 sho-ki さま その1

3つ目のショウキ様はこちら、熊渡集落。
正鬼神社にお祀りされていると聞きました。

村のはずれにある「正鬼神社」です。
鍾馗(ショウキ)ではなく、正鬼と書かれています。
なんでだろ?


熊渡の鍾馗 sho-ki さま その2

正鬼神社、正面。

熊渡の鍾馗 sho-ki さま その3 熊渡の鍾馗 sho-ki さま その4 熊渡の鍾馗 sho-ki さま その5

覗き込んでみましたが、正鬼様、いらっしゃいませんねー。
「正鬼大神」と刻まれた額と、社殿脇の境内社。

そして神社の後ろに~。。。


熊渡の鍾馗 sho-ki さま その6

おお。いらっしゃいました!
熊渡の正鬼様」!

槍を持ち、腰には刀を差しています。
勇ましい正鬼様であります。


=== 案内板より ===
ショウキ祭り(熊渡の正鬼祭り)
ショウキ祭りは五穀豊穣や無病息災を願い、大きなわら人形(ショウキ様)を
集落に祭る迎春の伝統行事です。
県内では毎年2月上旬から3月中旬に行われ、阿賀野川流域の
東蒲原郡阿賀町の五集落(平瀬・夏渡戸・武須沢入・大牧・熊渡)と
明治期に大牧から伝わった新発田市浦の一集落に伝承されています。


熊渡の鍾馗 sho-ki さま その7

熊渡の正鬼様は3月8日に製作し、その日を祭日としています。
前日7日の夜正鬼神社に集落の人が集まり、身体を清めたり、
正鬼様を神に祭り上げる神事等をすることで始まります。

8日は朝から集落の人がわらを持ち寄り、正鬼様を製作します。
製作から奉納までを集落全戸で行い、神事は宮司が行います。
製作中には近隣近郷から参拝者がわらを持ってきて、自分の病気の箇所に入れます。
(わらのない人は紙に書いてきて入れます[形代という])


熊渡の鍾馗 sho-ki さま その8

正鬼様は縦、横各9尺、槍10尺、大刀5尺5寸、小刀4尺5寸を持ち
集落を守護する男神です。

新しい正鬼様を奉納すると、1年間の仕事を終えた正鬼様を隠居させ、
神社の後ろに横たえます。
刀や槍は厄払いとして、新築された家の玄関や車庫の入り口に飾られ
家内安全、子孫繁栄を願います。
云々。。。


熊渡の鍾馗 sho-ki さま その9

男神なる所以。確固たる証拠が目の前にあります。
太いぞ!

木にくくられた正鬼様。
初めに正鬼様がいらっしゃって、後から神社が建てられたのかな?

う~ん、不思議だ。。。


熊渡の鍾馗 sho-ki さま その11

暑い夏の日の熊渡集落です。。。



以前の記事はこちらから。
夏渡戸の鍾馗 sho-ki さまにお会いしました♪ [新潟県阿賀町]

【熊渡の鍾馗様・正鬼神社】
@新潟県東蒲原郡阿賀町熊渡


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する