FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

平瀬の鍾馗さま その3

阿賀野川流域、麒麟山温泉、etc、なかなか魅力的な場所をリサーチ中。。。
もう少し先の集落に「平瀬」という所があるらしい。
日出谷駅の手前を右折して、阿賀野川を越えて向かう道です。

この集落の入口付近。
「平瀬鍾馗堂」の案内が立っています。

そう、鍾馗堂 shokidou 。。。


平瀬の鍾馗さま その1

これだー★
平瀬の「鍾馗堂」。
公民館の相向かいにありました。


平瀬の鍾馗さま その5

そして中にいらっしゃるのが「ショウキ様」。
ワラで出来た巨大な像であります♪
スゲー。


=== 案内板より ===
ショウキ祭り(平瀬の鍾馗祭り)
ショウキ祭りは五穀豊穣や無病息災を願い、大きなわら人形(ショウキ様)を
集落に祭る迎春の伝統行事です。
県内では毎年2月上旬から3月中旬に行われ、阿賀野川流域の
東蒲原郡阿賀町の五集落(平瀬・夏渡戸・武須沢入・大牧・熊渡)と
明治期に大牧から伝わった新発田市浦の一集落に伝承されています。


平瀬の鍾馗さま その4

平瀬集落の鍾馗様は、集落の人がわらを持ち寄り、
老若男女総出と近隣愛好家によって製作されます。
また、参拝者は持参した身体の具合の悪い箇所を書いた紙で包んだわらを
鍾馗様の部位に入れてもらい病の平癒を祈ります。
役割を分担して完成させた鍾馗様は身長2.5メートル、体重200キロを越える
巨大な男根を有する巨像で、その後、菩提寺住職により入魂され、
お堂に納められます。


平瀬の鍾馗さま その7

口承によれば400年余の伝統と歴史があり、疫病や災難、
邪気を追い払う守護神として尊敬され、
厚い信仰から製作安置されてきたといわれています。

現在は毎年2月11日に行われ、祭礼日には多くの参拝者が訪れます。
云々。。。


です!
私はショウキ様に会いたかったのですっ!


平瀬の鍾馗さま その6

吹き飛ばされてしまうくらい立派です(笑。。。


===
平瀬鍾馗大明神
鍾馗様は、神話にある須佐之男命の化身または、
中国の武神であるとの説もあります。
当集落の口承によれば400年余の伝統と歴史を経ております。
医学や科学の乏しかった当時は疫病や災難邪鬼を追い払う守護神として尊敬され
厚い信仰を集めて製作奉納されたものとしております。

毎年2月11日(建国記念日)の佳日に鍾馗まつりとして、
当集落老若男女総出と近隣愛好者により製作を行い、
菩提寺住職の大般若経により入魂し奉納するものであります。
身長2.5米、体重200kgを越し巨大な男根を有する巨像です。

身体堅固・病魔退散・社運隆昌・商売繁盛・交通安全・子宝恵授の神、
民俗文化財として広く県内外より参拝者も多く
諸願成就の祈願がなされております。
云々。。。


平瀬の鍾馗さま その2

ショウキ様。。。
隔離された集落に忽然と姿を現わす民俗文化、お祭り。
阿賀野川流域の5つの集落(平瀬・夏渡戸・武須沢入・大牧・熊渡)に
伝わっているお祭り。

男根が大きいのは子孫繁栄の祈願からでしょうか。
なんとも不思議。

平瀬。ホント小さな集落であります。。。



以前の記事はこちらから。
鹿瀬 kanose ダムへ参る。。。♪ [新潟県阿賀町]

【平瀬の鍾馗さま】
@新潟県東蒲原郡阿賀町日出谷平瀬


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する