FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

上毛野はにわの里公園 高崎市★竪穴式小石槨 その1

「上毛野はにわの里公園」です!
in 高崎市。

二子山古墳」の近くにあった「竪穴住居跡」です。


上毛野はにわの里公園 高崎市★竪穴式小石槨 その2

中はこんな様子~。

こちらの住居跡のまわりには10基の古墳が
あったようです。
復元はされていません。

そして~。


上毛野はにわの里公園 高崎市★竪穴式小石槨 その3

これ。
土に埋まちゃってますが「石槨・せっかく」です。
石槨とは、棺を入れる場所です。
石で造った埋葬施設、みたいな。
「竪穴式小石槨」。


=== 案内板より ===
石を使った小さな墓 - 竪穴式小石槨
このお墓は、井出二子山古墳の西側で、10基発見された。
この場所は、保渡田古墳群(井出二子山古墳・八幡塚古墳・
薬師塚古墳)に葬られた王に仕えていた人たちの墓地だったのです。

墓には、6世紀榛名山が大噴火した際にできた石(角閃石安山岩)を使用し、
噴火後の6世紀代につくられたと推定できる。


上毛野はにわの里公園 高崎市★竪穴式小石槨 その4

この遺跡ではこの小石槨のほか、5世紀末~6世紀頃に造られた、
10基の古墳も確認しています。
この古墳をみると、古墳の大きさや、古墳に並べられた埴輪の数・
種類に差があり、王に属していた人々に階層があったようです。

小石槨は、古墳のような盛り土を持たず、古墳群(墓域)のなかでも、
河川に近い崖際につくられ、小規模な古墳に埋葬者された人たちより、
低い身分の人たちの墓と推定されます。
また、埋葬空間の規模が80cm程度と小さく、
「子どもの墓」や「一度埋葬したのち、骨を再び埋葬した墓。」である
との学説もあります。
云々。。。



以前の記事はこちらから。
上毛野 kamitsukeno はにわの里公園へ参る。。。♪ その2 二子山古墳 [高崎市]

【上毛野はにわの里公園】
@群馬県高崎市保渡田町


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する