FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

吉野ヶ里遺跡 その81 吉野ヶ里遺跡 その82

「吉野ヶ里遺跡」です!
この台形をした小高い丘が、吉野ヶ里の中でも
重要な遺跡とされる「北墳丘墓・きたふんきゅうぼ」であります♪


吉野ヶ里遺跡 その83

おおー。


吉野ヶ里遺跡 その84

すげー。


吉野ヶ里遺跡 その85

=== 案内板より ===
北墳丘墓(きたふんきゅうぼ)
弥生時代の中頃、吉野ヶ里を治めていた歴代の
王の墓と考えられています。
中からは14基の甕棺が見つかっており、一般の墓とは違い、
ガラス製の管玉や青銅の剣など、貴重な副葬品が納められていました。

北墳丘墓に葬られている人々の身分の高さを示しています。


吉野ヶ里遺跡 その86

===
2100年前の王の威光
今からおよそ2100年前、この地に葬られた人々がいました。
その人々は、吉野ヶ里集落の歴代の王だと考えられています。

永い眠りから覚めた彼らが語りかける当時の世界をご紹介します。
尚、正面の発掘状況の展示の内、
遺構面と甕棺は本物を展示しています。


なんとっ!
リアル、本物が展示されているとなっ?!
よく2100年もの間、壊れなかったものです~。
すげー。


===
甕棺に埋葬された弥生人
縄文時代には、人が亡くなると地面に穴を掘って、直接遺体を埋めていました
土坑墓(どこうぼ)が、弥生時代になると、石棺や木棺や甕棺(素焼きの棺)などに
遺体をおさめて埋葬することがはじまりました。

北墳丘墓では、大型甕棺を2個あわせて、そこに大人の遺体をおさめるという
葬法(大型合口甕棺)が用いられた棺が14基出土しています。


吉野ヶ里遺跡 その87

===
死者に対する思い
とりわけ豪華な副葬品が出土した1002号甕棺をモデルに、
当時の棺の内部を復元しています。
北墳丘墓では、このように内側が水銀朱で真っ赤に染まっている
甕棺がいくつもみつかっています。
中には埋葬された頭蓋骨や副葬品の銅剣にまで塗られたように
朱が付着している例もありました。

水銀朱は、辰砂、朱砂、丹、などともいい、科学的には硫化水銀(HgS)という
強い殺菌作用をもつ物質です。
これは、中国では古くから不老不死の象徴として珍重されていたもので、
弥生時代の日本にも既にそういう思想が入っていた可能性が高いと考えられています。
魏志倭人伝には、倭人は「朱丹を以ってその身体に塗る」習慣があったと記されています。

また、副葬品は生前の身分の証という意味だけでなく、
その副葬品が表す地位をともなったまま墳丘墓に埋葬され、
死後もなおその身分を保持して、その社会を導くものと考えられていたようです。


吉野ヶ里遺跡 その89

「埋葬風景模型」

===
当時の思想や生死観 墓地から祭祀の対象に
弥生時代中期につくられた墳丘墓は、のちに祭祀空間として扱われるようになります。
弥生時代後期後半から終末期の吉野ヶ里の集落構造をみると、一番北にある
祖先の霊を祀る北墳丘墓と、一番南にある暦に関する祭りを行ったとされる
祭壇とを結んだ線上に、祀堂と北内郭内にある主祭殿(祭りの中心施設)とが
きれいに並んでいることがわかります。
さらに南軸約60k先に行くと雲仙岳にあたります。
当時の祭りの中心施設と考えられている主祭殿は、この軸線上に建てられていることから、
北墳丘墓はクニの社会基盤を構成する重要な施設になっていたことがうかがえます。


吉野ヶ里遺跡 その88

「祭祀風景模型」


また、墳丘墓前には、先祖の霊が宿る宗教的シンボルと考えられる立柱、
墓道、祀堂(お祈りの場所)が設けられていたことがわかっています。
墓道からは祭祀に使われた筒型器台や高坏などの祭祀用の土器が多数出土しており、
この場所が吉野ヶ里の祭祀には特別な場所であったことがうかがえます。
ここで行われた祭事は、祖霊の託宣・神託によって社会が導かれるという
当時の精神生活を現した興味深い事象といえます。


吉野ヶ里遺跡 その90

これ。
2100年前の本物の地面ですよー☆
ホント、すんごいなー♪

=== リーフレットより ===
整備について
吉野ヶ里遺跡の発掘調査は昭和61年に始まり、平成元年の2月に大々的に
全国に報道され「邪馬台国の出現では?」と話題を独占しました。
この吉野ヶ里フィーバーの中、北墳丘墓に埋葬されていた大型の甕棺から有柄銅剣や
ガラス製管玉が出土し、3ヶ月で100万人もの人々が吉野ヶ里遺跡を訪れました。


吉野ヶ里遺跡 その91

また、この北墳丘墓の出土品がきっかけとなり、平成3年に特別史跡に指定され、
平成4年には、遺跡の保存と活用を目的に国営公園化が決定しました。

北墳丘墓は遺構の保存のため埋め戻されましたが、平成20年2月に
再び発掘当時の状況が公開されました。
云々。。。


弥生時代の大型遺跡「吉野ヶ里遺跡」。
う~ん、なんとも深いです。
当時の倭人たちはどんなだったんだろうなー、と
興味シンシン、尽きることがありません♪

古代は遥かに遠いなぁ。。。
おしまい。



以前の記事はこちらから。
吉野ヶ里遺跡(歴史公園)へ参る。。。♪その5  佐賀県神埼郡吉野ヶ里★甕棺墓列と祀堂と墓道

【吉野ヶ里歴史公園】
@佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
TEL/0952-55-9333
開園時間/9:00~17:00 (4月1日~5月31日)
開園時間/9:00~18:00 (6月1日~8月31日)
開園時間/9:00~17:00 (9月1日~3月31日)
利用料金/400円 (大人・15歳以上)
利用料金/80円 (小人・小中学生)
利用料金/400円 (シルバー・65歳以上)
おやすみ/12月31日、1月の第3月曜日とその翌日


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する