FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

吉野ヶ里遺跡 その72

「吉野ヶ里遺跡」です。

こちらのエリアには、
モグラのようにあちこちボコボコと穴が開いてマス!
中には甕が2つ。
口を上下に組み合わせた状態で置かれています。

なんとこれがお墓!
置かれている甕は棺なんだそう!
ウムム。。。


吉野ヶ里遺跡 その71

=== 案内板より ===
甕棺墓列(かめかんぼれつ)
甕棺とは棺おけのことで、弥生時代の北九州だけに見られる
特色的にものです。
吉野ヶ里では、長さ600mにもわたって、2列に埋葬された甕棺墓列をはじめ、
丘陵の各所にたくさんの墓地が設けられています。


吉野ヶ里遺跡 その73

===
祀堂(しどう)
歴代の王の祖霊へお供えを捧げ、
お祈りをする建物です。


吉野ヶ里遺跡 その76

向こうに見える台形の丘が「北墳丘墓」。
その手前に「祖霊の宿る柱」と、
「墓道」があります♪


吉野ヶ里遺跡 その75

===
祖霊の宿る柱
祖霊の宿る柱とは、北墳丘墓を守る
祖先の霊が宿る柱と考えられています。
北墳丘墓は、弥生時代の後半にはお墓ではなく、
祖先の霊をまつる祭壇として人々の信仰の中心となります。


吉野ヶ里遺跡 その74

===
墓道(ぼどう)
北墳丘墓にお参りするための専用の道と考えられています。
この道は外環壕の外から延びており、
吉野ヶ里の集落だけではなく、周辺集落を含めたこの地域の
「クニ」全体の人々が北墳丘墓にお参りするための道であったと
考えられています。


===
北墳丘墓・立柱・祀堂・墓道
北墳丘墓は歴代の王の墓であり、西には壕をわたって走る墓道、
南には祖霊の宿る立柱と、歴代の王の祖霊へ
お供えやお祈りを捧げる祀堂があります。
ここは、吉野ヶ里集落を築き上げた祖先の霊を大切に祀る
神聖な区域と考えられています。
云々。。。


祀りや祈りを中心とした、神聖な領域ですね~、
ウムム。。。

つづく。。。



以前の記事はこちらから。
吉野ヶ里遺跡(歴史公園)へ参る。。。♪その4  佐賀県神埼郡吉野ヶ里★中のムラと倉庫群

【吉野ヶ里歴史公園】
@佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
TEL/0952-55-9333
開園時間/9:00~17:00 (4月1日~5月31日)
開園時間/9:00~18:00 (6月1日~8月31日)
開園時間/9:00~17:00 (9月1日~3月31日)
利用料金/400円 (大人・15歳以上)
利用料金/80円 (小人・小中学生)
利用料金/400円 (シルバー・65歳以上)
おやすみ/12月31日、1月の第3月曜日とその翌日


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する