FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

吉野ヶ里遺跡 その1

基本的には縄文が好き★
激しく民族的で、不思議感イッパイでヒジョーに魅力的♪

それでも古代が好き☆
弥生もいいぢゃないか?!

というわけでやって参りました「吉野ヶ里遺跡」。
弥生時代がまるごと楽しめてしまう巨大な遺跡公園!
すんごい楽しみぃ~♪


=== 案内板より ===
弥生時代と吉野ヶ里
弥生時代とは、今から1700~2300年前、およそ600年間
続いた時代です。吉野ヶ里遺跡は、この弥生時代600年間の
流れを辿っていける全国唯一の遺跡です。
現在復元しているのは、今から1800年前頃の吉野ヶ里の姿です。
みなさん、ゆっくり弥生の世界を楽しんで下さい。
云々。。。


吉野ヶ里遺跡 その2

さっそくぅ~!

集落の入口であります。
なにやら鳥居のような形をしたモノ???
トップには鳥ですか、アレ???
3羽くっついてます。ウムム。。。


吉野ヶ里遺跡 その5

吉野ヶ里遺跡 その3 吉野ヶ里遺跡 その4

吉野ヶ里遺跡 その6

===
逆茂木(さかもぎ) 乱杭(らんぐい)
米作りが盛んになるにつれて、水や土地を奪い合う
争いが起こるようになりました。
人々は自分たちの集落を守るため、集落の入口など
特に重要な区域には、とがった木の枝や幹でバリケードを築き、
より厳重に守っていました。
これを逆茂木と呼んでいます。
云々。。。


こんなの刺さったらたまりませんね~っ(汗、(汗


吉野ヶ里遺跡 その7

集落入口よりしばらく行くと、
吉野ヶ里遺跡展示室」があります☆
小さな博物館といったところ。
それでも内容は、濃い、デス。。。


吉野ヶ里遺跡 その8

いきなり、ですがっ!
首なし人骨!!

===
吉野ヶ里首なし人骨の謎
- 出土人骨の人類学的知見 -
弥生時代の埋葬遺跡では、石、青銅で作った鏃(やじり)や剣などの武器が、
直接骨に刺さった人骨、棺内に数多くの武器を伴う人骨、
首から頭部を欠く人骨などが出土することがあります。
これらは当時の戦いによる犠牲者と考えられており、
弥生時代の初めから紀元前後までの約400年間で、九州地方を中心に
100体を超える例が報告されています。

吉野ヶ里遺跡の人骨は、全身の骨が残存しているにもかかわらず、
頭蓋と上部頚椎(第1・第2頚椎)が全く残っていませんでした。
当初、どのような理由でこの人骨の頭部がないのかが話題となりましたが、
全身の骨を調べた結果、右鎖骨の内側後面と右橈骨の下位前面に
傷跡があることがわかりました。


吉野ヶ里遺跡 その9 吉野ヶ里遺跡 その10

右橈骨の傷は前から、右鎖骨後面の傷は前か背後から
下方に向けて刺されて生じたもので、この際、筋肉はもちろんのこと
比較的太い血管も損傷を受けたものと考えられます。

このことから、この被葬者は戦いで傷つけられ死亡した後、
頭部を取り去られた可能性が高く、さらに傷の位置、程度、
状態からみて、戦いには短剣などの小型で鋭利な金属器が
使用されたものと推測されます。
云々。。。


吉野ヶ里遺跡 その11

===
首長の誕生
弥生時代中期になると、吉野ヶ里には巨大な墳丘墓が築かれます。
~中略~

この墳丘墓からは、弥生時代中期前半から中頃にかけて
14基の黒く塗られた大型の成人用甕棺(かめかん)が発見され、
このうちの8基の甕棺からは把頭飾付き有柄細形銅剣を含む
8本の銅剣や79個のガラス製管玉が発見されています。

この壮大な墳丘墓に埋葬された人々は、副葬品や埋葬方法の特殊性から
歴代の首長など特別な身分の人ではないかと思われます。
云々。。。

吉野ヶ里遺跡 その12

ガラスや石、貝などを使って作られた
玉飾りやブレスレット。
指輪やイヤリングと思われるリングもあったりして、
弥生時代の人は、ナニゲにお洒落なんですねー♪


吉野ヶ里遺跡 その13

===
邪馬台国と吉野ヶ里
吉野ヶ里の集落を囲む外環壕(そとかんごう)の内には、
さらに堀を巡らした北内郭と南内郭と呼ばれる閉鎖的な空間があります。
この北内郭と南内郭には、環壕が外側へ突出する部分が見られます。
数多く発掘された環濠集落跡の中で、このような特殊構造をもつ
弥生時代の集落は、佐賀平野にみられ、中でも突出部分に
建物跡が発見されているのは、全国でも吉野ヶ里遺跡以外に類例がありません。

北内郭の唯一の出入り口は、かぎ型に折れ曲がり、その内部にある
約12.5m四方の大型建物跡は、歴代首長を埋葬した墳丘墓を意識して
築かれており、祭事・政事の中心的な役割を担ったものと思われます。

魏志倭人伝には邪馬台国について「宮室・楼観・城柵を厳かに設け
常に人在りて守衛する」とあり、
北内郭あるいはその中にある大型建物跡は「宮室」、
環濠突出部の物見櫓跡は「楼観」、
環濠と土塁などの痕跡は「城柵」という
魏志倭人伝に記された邪馬台国を想像させます。
云々。。。


邪馬台国!
女王・卑弥呼が治めたという古代の国!
ここ吉野ヶ里は邪馬台国が存在していた場所だったのでしょうか?!
想像かき立てられます~★
つづく。。。



以前の記事はこちらから。
PARSLEYさんで地モノを愉しむ。。。♪  佐賀県佐賀市★旬の蔵 パセリ

【吉野ヶ里歴史公園】
@佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
TEL/0952-55-9333
開園時間/9:00~17:00 (4月1日~5月31日)
開園時間/9:00~18:00 (6月1日~8月31日)
開園時間/9:00~17:00 (9月1日~3月31日)
利用料金/400円 (大人・15歳以上)
利用料金/80円 (小人・小中学生)
利用料金/400円 (シルバー・65歳以上)
おやすみ/12月31日、1月の第3月曜日とその翌日


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する