FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

ぬ志勇旅館 ★草津町 その1

草津温泉、
光泉寺の参道石段のすぐ脇に位置する「ぬ志勇旅館」さん★
今夜の宿はこちらであります♪
湯畑のすぐ近くなんですねー。


ぬ志勇旅館 ★草津町 その2

草津温泉の中でも「白旗源泉」を引いている
数少ない旅館の一つだということで楽しみにしていたのデス☆

チェックインと同時にさっそくお風呂→

「露天風呂」です。
向こうに湯畑が見えます!
夜の空気が最高に気持ちいぃっ♪
丁度良い湯加減!


ぬ志勇旅館 ★草津町 その3

こ~んな風景も有り♪


ぬ志勇旅館 ★草津町 その4

そしてこちらは「貸切風呂」。
事前に予約等は必要なく、
空いていたら入れるという優れモノ♪


ぬ志勇旅館 ★草津町 その5

で、「内湯」です!
露天に比べてちょっと熱め(汗
ジンジンと温まってきます♪


ぬ志勇旅館 ★草津町 その8

内湯にあった小さなお風呂。。。


ぬ志勇旅館 ★草津町 その7

木の枠から温泉が注がれています。
この木の枠にたぁ~ぷりと付いている湯の花をチョイチョイと♪

乳白色の、極上の硫黄泉の出来上がり!
サイコーであります♪

ふいぃ~。。。


。。








ぬ志勇旅館 ★草津町 その9

昨夜もけっこう飲んだかなー(笑
というわけで、すっかり


ぬ志勇旅館 ★草津町 その10

朝一番のお風呂は、
体がジンジンとしびれるように温まります。。。
チョイとなめてみると、酸っぱいお湯です。

ふうぅ~、

うぅ~、
気持ちいぃ~。。。


ぬ志勇旅館 ★草津町 その11

ぬ志湯旅館さんにて、
最高の朝風呂をいただきました!

まだ、早いですから。
湯畑の周りにもだぁれもいません♪


=== 案内より ===
当館の名前の由来
創業は明治初期。当時漆塗りの「塗師屋(ぬしや)」を
営んでいた主人(勇之助)がこの地で旅館を始めたときに
つけた名が「塗師屋の勇ちゃんち」という屋号だったようです。

それから百有余年後、現在の「ぬ志勇旅館」として今に至っています。
なんとも変った名前だと思いますが、当然草津温泉で
「ぬ」で始まる旅館は当館だけです。
云々。。。



以前の記事はこちらから。
湯畑近くの居酒屋さん♪  草津町★いざかや水穂

【ぬ志勇旅館】
@群馬県吾妻郡草津町大字草津446
TEL/0279-88-2477


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する