FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

湯荘 白樺 奥塩原新湯温泉 その1 湯荘 白樺 奥塩原新湯温泉 その2

温泉神社、外湯を周り、
せっかくですから宿の温泉もいただきましょう♪

というわけでやって参りました★
「新湯爆裂火口跡」のすぐ手前にあります、
こちら「湯荘 白樺」さん!
アンコたっぷりの温泉饅頭にかぶりつき、
さっそくお風呂へGO→!


湯荘 白樺 奥塩原新湯温泉 その4

露天風呂。
硫黄の白濁したお湯がたっぷりです♪

2槽に分かれたお風呂は、
手前は熱め、奥がぬる目のお湯。。。


湯荘 白樺 奥塩原新湯温泉 その5

熱いお風呂にちょこっと浸かり、
ぬるいお風呂にゆっくり入りました★


湯荘 白樺 奥塩原新湯温泉 その3

ひやぁ~、ホント気持ちいいっ♪
ゆっくりゆっくり温まって、
GOKURAKU、GOKURAKU~。。。

こちらの露天は「七福の湯」というんだそうです。
スキーヤー?地元の方かな?
先客がいらっしゃいました。


=== 案内碑より ===
この風呂は、御影石造りのため保温力があり、
特に神経痛、皮ふ病、胃腸病の方には効目があります。
毎年難病の方々から病気が直ったと大変喜ばれています。
又、源泉七福尊を参拝祈願して七福即生の利益を得て下さい。
云々。。。


湯荘 白樺 奥塩原新湯温泉 その7

そしてこちら、内湯です!
年季の入った檜風呂。抜群じゃありません?!


湯荘 白樺 奥塩原新湯温泉 その8

乳白色の硫黄泉が源泉かけ流し。
なんと贅沢な温泉ではありませんか!
だ~れも居ません!貸切状態★


湯荘 白樺 奥塩原新湯温泉 その9

あ゛~、

う~ん。。。


ぶくぶくぶくぶく。。。


。。







=== 貼紙より ===
元湯の歴史は古く、温泉神社の創建は大同元年(806年)である。
万治2年2月晦日(1659)の地震により潰滅の為め、
85軒の家々は、或いは絶滅、潰れ残った家々も「古高原・新湯・
上塩原・下塩原・大田原・真岡」などに転住して、
八百年乃至千年に及んだ元湯繁昌は、夢の如く
消え去ったのである。


湯荘 白樺 奥塩原新湯温泉 その6

万治2年元湯地震以後の新湯開発への移動
天和2年(1682)新湯に移った9人が温泉旅篭宿の形成に
取り組んだ訳であるが、其の基本となったものは、
元の「元湯街」の再現にあったと思われる。

移動可能のものは、湯元大権現神社をはじめ、移遷再興し、
円谷寺再建、古碑塔類の多くを運んで来て、
再現(新湯温泉神社古いしどうはじめ多数)に努め、
新温泉宿として、元湯に替って繁昌することになったのである。
云々。。。


以前の記事はこちらから。
新湯爆裂噴火跡にて。。。♪  ★那須塩原市

【湯荘 白樺】
@栃木県那須塩原市湯本塩原14
TEL/0287-32-2565


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する