FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

奥塩原新湯温泉 共同浴場 むじなの湯 その3

名誉の負傷を負ってしまった中の湯を後に、
今度は「むじなの湯」を目指します!

歩いてすぐなのですが、
雪の階段をすべらないよーに。


奥塩原新湯温泉 共同浴場 むじなの湯 その1

こちらであります♪
温泉通の方々からは、名湯との評価も高い
むじなの湯。。。


奥塩原新湯温泉 共同浴場 むじなの湯 その2

中の湯と同じく入湯料300円をカンカラにほおり込み。。。


奥塩原新湯温泉 共同浴場 むじなの湯 その4

おおーっ。。。
これだぁ♪


=== 案内板より ===
狢の湯(金泉湯)の由来
安永2年(1855)5月15日、今市地方に農業の開発指導に来ていた二宮金次郎が、
庄屋の亀屋平兵衛宅に5月16日から6月3日まで中12日間滞在して、
この狢の湯(金泉湯)に入り病気療養をして今市に帰り
仕事に復帰されました。


新湯温泉の始まりは、白河天皇が堀川天皇に皇位を譲り、
法皇時代の康和2年(1100)の頃と思われます。
昔この辺一帯は居村と云われ、八郎ヶ原に居館を持っていた
塩原八郎家忠も狢の湯に入り、元湯温泉を拠点として、
付近一帯を支配していました。

奥塩原新湯温泉 共同浴場 むじなの湯 その6

その後、中世、近世と宇都宮城主に守護され
【元湯千軒】といわれた元湯温泉が、突然、万治2年(1659)の会津田島大地震で
裏山が地滑りを起こし源泉の湯口が塞がり、湯治場が一瞬の内に
機能を失ってしまいました。

その後、居残りの人々で再興を果たしたが、24年後の
天和3年(1683)9月朔日の日光大地震が発生、元湯温泉湯治場は、
壊滅状態になり復興を断念することになりました。


奥塩原新湯温泉 共同浴場 むじなの湯 その7

最後まで復興に努力をした住民の忠左衛門・平左衛門・平右衛門・
源左衛門・伊左衛門・市左衛門・新左衛門・勘左衛門・長左衛門たち9軒は、
しかたなく再復興をあきらめ、元湯温泉湯治場の面影を
少しでも残したい決意をもって、新湯温泉に移住を決めました。

その後、宇都宮藩主の庇護により充実した湯治場として保護され、
宇都宮城下の大曽から福渡温泉までの大曽條(湯の道)を造り往来し、
幾度となく殿様をはじめ、家臣や藩内の庄屋などが、
巻狩りに訪れ、この狢の湯に入り体を癒しました。
云々。。。


奥塩原新湯温泉 共同浴場 むじなの湯 その5

じわじわと温まり、
酸っぱくて、苦くて、渋くて、錆っぽくて、
複雑な表情をみせる名湯♪

新湯温泉「むじなの湯」に歴史あり、であります♪



以前の記事はこちらから。
奥塩原新湯温泉共同浴場、中の湯にて。。。♪  ★那須塩原市

【奥塩原新湯温泉共同浴場 むじなの湯】
@栃木県那須塩原市湯本塩原


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
どうも~★
ここ良いですよね~★
階段がめちゃめちゃ滑り
ますけど・・。
地元の方から、「裸になる前に
お湯を見てから入れ」と忠告
されました。熱いことも
あるみたいです。
2011/03/08(火) 13:05 | URL | 群馬栃木を愛するあっぴ #-[ 編集]
群馬栃木を愛するあっぴ サマ★
季節によってメチャメチャ熱かったり、
逆にぬる目だったりするようですね。

そうなんです、すごく良い温泉でした♪
また行きたいなぁ。。。
2011/03/11(金) 06:07 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する