FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

新湯温泉神社 ★那須塩原市 その1

今年は雪が多いなぁ~。
今日もいい湯に浸かれますよ~に♪
というわけでやって参りました那須塩原市★


新湯温泉神社 ★那須塩原市 その2

奥塩原にある「新湯温泉神社」であります。
朝8時。めちゃめちゃ寒い(汗

雪に埋もれた石段を。。。
必死に手すりにしがみつきながら上るわけです(汗、(汗

氷柱のようになっている鉄のてすり。
手が、てぇ~がぁ~(汗、(汗、(汗
かじかんで、しびれて、まったく動かないぃ~、
(汗、(汗、(汗、(汗、(汗、(汗


新湯温泉神社 ★那須塩原市 その4

で、ようやくたどり着いた境内。。。


=== 案内板より ===
新湯温泉神社 (本殿)
新湯温泉神社は安元元年(1175)元湯に温泉神社として創立された。


新湯温泉神社 ★那須塩原市 その3

万治2年(1659)村は大地震の山津波により壊滅状態になり、
復興を重ねたが2度目の日光大地震にあい廃村となってしまった。

神社は正徳3年(1713)御神体と共に元湯から
この新湯に移され、石幢、石段、鳥居等も人力により運搬され、
この境内に移築されました。

天明2年(1782)この新湯温泉神社は温泉の守り神として
地域の発展と深い信仰の願いにより再建されました。
本殿は流れ造りでケヤキ材により造られています。
云々。。。


新湯温泉神社 ★那須塩原市 その5

===
温泉神社 石幢一基
刻銘文によると、永正15年(西紀1518年)4月吉日
願主昌泉が悪疫流行をおさめるため旧湯本村(現在の元湯温泉)
温泉神社に奉納されたものである。

新湯温泉神社 ★那須塩原市 その6

その後、湯本村は万治2年(西紀1659年)2月末日の大地震により
85軒の村落が瞬時にして崩潰し、村人たちは天和年中に
新湯村、高原村、上塩原村、下塩原村へ四散して再起の道を選ぶ。

この石幢も、そのとき温泉神社と共に、この地に
遷されたものである。

指定理由
この石燈形の石幢は、鎌倉期から室町期かけて
盛んであった地蔵信仰の供養等で、関東地方では
稀にみるものであり、また、湯本村の隆盛を物語る
貴重な資料でもある。
云々。。。


新湯温泉神社 ★那須塩原市 その7

なかなか興味深い歴史がありました★
もっと調べてみればナニゲに面白そう♪

雪の新湯温泉神社であります。。。
冷た。。。



【新湯温泉神社】
@栃木県那須塩原市湯本塩原


大きな地図で見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する