FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

宮崎、田野町の田野天建神社。
古代、朝鮮半島で滅ぼされた百済王の一族が逃れてきたといわれています。
「百済王伝説」が残る宮崎市「田野天建(あまだて)神社」。

漂流した百済王がたどり着いた、日向国油の津(日南市)。
「ここは、どこか」。
四方を眺めていると、北の方のはるかかなたの山の上に、五色の雲の一群が立ち昇っている。
「あれが、私が住むところだ」。百済の王は、小姓1人を供として、雲を目印に山中深く分け入った。

険しい山が続き、小姓が疲れ果てた様子なので哀れに思い、どこか休む所はないかと辺りを見回すと、清水がわき出ている。この清水を、むすびの上に振り掛けて口に含むと、甘露の味がし、たちまち小姓も元気になった。
この坂を「小姓坂」と呼び、清水は今もわき出ている。

それから北川内(北郷町)に行き、ここで一夜を過ごした。
この村を「宿野(しゅくの)」と呼ぶようになる。

宿野からさらに深山を分け上り、5色の雲の下に到着した。そこには岩屋があり、ここでしばらく休息した。
ここで、山に分け入って道に迷った田野村の男8人に出会った。
男たちは百済王を見つけ、これは不思議な人に出会ったと思いながら、王のご機嫌をうかがう。
しかし、言葉は通ぜず、王は不快な表情で黙念としている。
男たちは、手にしたカズラを振りながら、手足もおぼつかない身ぶりで「しゃくり舞」をしばらく舞っていると、王の機嫌も良くなった。男たちは供を申し出て、田野村に至り、王のために宮居を建てた。田野大宮に伝わる「しゃくり舞」は、このときの舞である。

王が百済で飼っていた鶴が王の後を追って飛んできた。
王の宮居を守護するように離れない。その場をを去ることもなく、年を経て頭が赤く丹頂の鶴となり、人々も心打たれた。

百済王は月毛の馬が好きで、馬で四方を巡ったが、ある時、馬もろともに「井の本(井戸)」に落ちて亡くなってしまった。
このことから田野では、月毛の馬を飼わず、井戸を掘ることをしなくなったという。
亡くなった王を田野大明神として社殿を設けて祭り、供をした8人がそれぞれの姓を名乗り、祭礼のときに勤めをするようになった。
「山浦八人の弁察」とはこのことである。
この神は伊東氏の崇敬が厚かった。

宮崎、田野町の田野天建神社の拝殿。
宮崎の神社は歴史が深いですね。
神話が色濃く残ってる神々を祭っているところも多いようです。


宮崎、田野町の田野天建神社の狛犬。
ここの狛犬君は、かなりユーモラスに見えます。
表情が面白いですね。

案内板より。。。
「田野天建神社」
上桜地区にある田野天建神社には、旧田野神社のオオナムチノミコト、旧田野大宮大明神の百済王(くだらおう)、天建神社のアメノコヤヌノミコトの三神が合祀されている。
旧田野神社の勧請年月は天正六年(1578年)以前の記述が史書にあるが、明白ではない。明治四年(1871年)十一月、田野村村社、田野神社となった経緯もある。百済王を祭った旧田野大宮大明神縁起由来の祠は初め持田にあり、後に仏堂園元倉に建てられたが、明治四年に田野神社に合祀された。
天建神社の祭神は伊藤家の祖神アメノコヤヌノミコトで、寛文元年(1661年)、宮田家の祖先、武田六右衛門が第四代藩主 祐由(すけみち)の怒りにふれ田野に左遷された際、楠原に社を建てたものである。
大正二年に田野神社に合祀され、大正三年(1914年)から田野天建神社と呼ぶようになった。宮田家が代々の祀官として現在にいたっている。
。。。。。云々。


また来よう、田野天建神社。。。


コメント
この記事へのコメント
奈良県吉野郡上北山村河合」136 景徳寺
私のひい爺さんは、鹿児島の出身ですが、やはりこのルーツになるのでしょうか?
2011/10/08(土) 17:52 | URL | 宮田 豊円 #-[ 編集]
宮田 豊円 さま☆
どうなのでしょう?(汗、、、
いろいろな人が渡って来ている日本ですから、
どうなのでしょうか?
調べてみると面白いかも知れませんね★
2011/10/12(水) 07:53 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/196-f53442b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
宮崎県世界 > アジア > 東アジア > 日本 > 九州|九州地方 > 宮崎県|-| align="center" style="border-style: none none solid; background: #f0f0f0"|宮崎県の鳥| style="border-style: none none solid solid&q
2007/01/27(土) 05:49:08 | narumiの日記