FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

発掘情報館に行ってきました♪ その2の2 発掘情報館に行ってきました♪ その2の1

渋川市の「群馬県埋蔵文化財調査センター発掘情報館」であります。

「郷原遺跡のハート形土偶」と「パウル・クレーの抽象画」。
ちょっと興味深い展示がありました♪
(写真をクリックで、大きく見れます。)

郷原遺跡は、群馬県吾妻郡吾妻町郷原にある
遺跡です。


発掘情報館に行ってきました♪ その2の3

=== いただいた資料より ===
ハート形の意味を探る
ハート形の顔は不必要な部分を省略し、眉毛から口までを
輪郭で表現した造形で、さらに全体もみごとに抽象化されています。

右側の絵は現代を代表する芸術家パウル=クレー(1879~1940)の
人物画です。
抽象化された人間の姿は、驚くほどハート形土偶に似ていると思いませんか。
「みえるものを再現することでなく、
みえないものにかたちをあたえることだ。」というクレーの芸術。
縄文人も“生命”や“心”をみつめることで、
このような造形を生んだのでしょうか。

3500年前の縄文人と現代の芸術家。
時代ははるかに隔たっているものの、
人間をみつめるまなざしは変らぬことを教えてくれています。
云々。。。


おおー★
すごーいっ!
ホントそっくり。こんなのがあるんですねー♪
なんだか不思議だぁ。。。


発掘情報館に行ってきました♪ その2の13

そしてこちらは前橋市上泉町の新田塚遺跡から出土した
縄文時代の石器です。

まん中に鉛筆が通るくらいの穴があけられています。
この穴に棒を差し込んで、石オノの様に使ったのか、
はたまた呪術やまじないと関わる祭祀に使われたのか
はっきりとは分かっていないようです。

う~ん、これも不思議な石器。。。
縄文が熱いぞ★

つづく。。。



以前の記事はこちらから。
発掘情報館に行ってきました♪  ★渋川市

群馬県埋蔵文化財調査センター発掘情報館
@群馬県渋川市北橘町下箱田784-2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する