FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

箱田城と真壁城 その1

絶景かな、絶景かな~ぁ♪
丘の上から眺める街並みであります。

箱田城と真壁城 その2

渋川市にはいくつかの城跡がありますが、
今回訪れてみたのは「箱田城」、の跡!


箱田城と真壁城 その3 箱田城と真壁城 その5 箱田城と真壁城 その6

「武者屯(むしゃだまり)」、「塵除け(ちりよけ)」、「追手」、
といったお城の機構が若干残っているようです。


箱田城と真壁城 その4

丘の上ですからね~、
眺めがいいっ!


箱田城と真壁城 その10

=== 案内板より ===
箱田城跡
この城は戦国時代、上野国の守護代白井長尾氏の出城として、
箱田地衆によって築かれたと考えられる。
城の形式は丘城で、長袖140m、横幅75mと西北ー東南にやや長い。
山頂を内郭としてその周囲に土居、土居の外側に壕、
更にその外側に土を盛った高土居となっている。
城の東北に追手(おうて)虎口、南西に搦手(からめて)虎口が開き、
両虎口ともに内桝形様の構造をもっている。
搦手の内側には武者屯(むしゃだまり)、北角には櫓台址があり、
中世末期城郭の築城法がわかる好遺構である。
云々。。。


箱田城跡
@群馬県渋川市北橘町下箱田字城山




箱田城と真壁城 その7

そしてこちらは「真壁城」の跡。
箱田城より程なくの所です。
ここが本丸だった場所なのでしょうか?
ゲートボール場になってますねー。


箱田城と真壁城 その8

真壁城跡も高台にありますから、
眺めがいいっ★
見えますねー、向こうの方までずうっと。。。


箱田城と真壁城 その9

===
真壁城跡
真壁城は、丘の頂上に本丸を置き、周囲に空濠をめぐらせた
単郭型の砦で、東西50m・南北70mほどと小型ながら、
戦国時代築城法の模式的なものと評価されている城です。
かつては屏風折の土居・横矢溝・安土馬出しなどの遺構が見られましたが、
現在はその面影を止めていません。
城の東側には字堀ノ内、南側に字寄居の地名が残ることから、
このあたりに城を守る人々が生活していたことが伺われます。

城主として記録に残るのは、白井城主長尾氏の四天王に次ぐ重臣・神谷三河守です。
三河守は、天正10年(1582)に長盛山桂昌寺(曹洞宗)を現在地に再興し、
篤く信仰しました。
また、桂昌寺は神谷氏の故居であったとの説もあり、
土居空堀等が残っています。

真壁城は八崎城の繋ぎの城として発生し、
白井の支城として長く越後上杉氏の配下にありました、
その後は武田氏・北条氏に属し、
天正18年(1590)、白井城とともに落城しました。
云々。。。


小さいけれど立派なお城の跡でありました★



以前のお城はこちらから。
吾妻七社明神、親都神社 chikato-jinja に参る。。。♪  ★中之条町

真壁城跡
@群馬県渋川市北橘町真壁

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する