FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

渋温泉の渋い朝。。。その2

外湯回りが有名な、渋温泉の朝であります。
布団のぬくもりも冷めないまま
眠い目をこすりこすり、やって参りました「9番湯」♪

いくつかある外湯の中でも名湯と云われ、
ヒジョーに有名なこちらの湯です!


=== 案内板より ===
大湯
渋温泉を代表する天下の名湯で、高僧行基により
発見された霊泉です。
巡浴祈願の最後に入浴し、それから薬師庵に登り
薬師如来に心を込めてお参りしていただきます。
万病に効くと云われておりますが、特に神経痛・リウマチ等に
効くことで有名です。
また、源泉(地下にあります)の湯気を利用した蒸し風呂も
お楽しみいただけます。
屋上には同じ源泉の足湯もございます。
云々。。。


これはヒジョーに良いっ!、です。
なにが良いかって上手に説明できませんが、
じわじわとつかり、じっくり味わいたいお湯。。。
そんな感じでしょうか?
鉄の香りもすごく印象的★


渋温泉の渋い朝。。。その1 渋温泉の渋い朝。。。その3

9番湯の建物に掲げられていた立派な額。
幕末の三舟、海舟、鉄舟、泥舟の書だそうです。
海舟のものは無いんですね。

左・泥舟の書「我が心を洗う」
右・鉄舟の書「快く楽しみを作る」


渋温泉の渋い朝。。。その4

公民館みたいな卓球場にあった
「江戸時代の渋温泉絵図」。


渋温泉の渋い朝。。。その5

そして、
「和合橋 明治末期」。


渋温泉の渋い朝。。。その6

こちらは「1番湯」。
入らなかったですけど。。。

===
初湯
名僧行基が最初に発見した温泉で、托鉢の鉢を洗ったことから
鉢湯と云われていたものを、いつの頃からか初湯となり
今に伝わっています。
胃腸に良く効く事から、誰言うとなく
「胃腸の湯」とも呼ばれています。
云々。。。


地元の方に聞けば、やはり9番湯がオススメです、と。
6番湯も良いですよ~、と教えていただきました★
いずれにしても「信州 渋温泉」、
ヒジョーに気に入ってしまったわけであります!
ウムム。。。



以前の記事はこちらから。
渋温泉の渋い夜。。。その2 「酒処 からんころん」さんにて♪

渋温泉共同浴場「大湯」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する