FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その1

周辺を散策し直し、ようやくやって参りました、
「有明山神社」です!

こちらの近くに八面大王が隠れ住んだという
「魏石鬼の岩窟」があるそうです。


有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その2

参道脇の「狛犬」クン。
大きくはありませんが、
力強く、筋肉隆々な感じ。ガッチリ系です。


有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その3

「手水舎」と、


有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その4

「随神門」。
お寺さんの様子を色濃く残しているようでもあります♪

有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その5 有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その6

有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その7 有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その8

=== 案内碑より ===
有明山神社の祐明門ならびに手水舎
明治35年(1902)に日光東照宮の陽明門に模して建てられた祐明門は、
和様に唐楼を混ぜ精巧美麗を極めた切妻軒唐破風付八脚門で、
内外部の彫刻は12支・24孝などを立川流彫刻師清水虎吉が彫り、
格天井絵は京都の画家村田香谷が画いている。

手水舎は飛騨の匠山口権之正の作で、虹梁・天井に彫刻が施されている。
云々。。。


う~ん、一つ一つの建物からナニゲに存在感を感じるのは
やはり職人さん達の手で装飾が施され、
命を吹き込まれたから?!


有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その9

祐明門をくぐり、いよいよ境内へ。
もう1対の「狛犬」クン。
この写真だと頬がこけたような、人面に見えません?
獅子、狛犬というより顔はヒゲをたくわえた人みたい。。。
実際は迫力ある狛犬クンです。


有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その10

立派な「土俵」があり、


有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その11

「拝殿」です。


有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その12


有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その13

=== 案内板より ===
有明山神社
有明山を神体山とし全国的に崇敬されている祭神は
「手力雄命」「八意思兼命」「雨鈿女命」「大日貴命」
他数柱が祀られている。
境内の神楽殿には橋本雅邦の筆になる花鳥風月の絵があり
また日光陽明門を模した祐明門には眼猫12支24孝の彫刻がある。
云々。。。


有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その14

有明山社と同じく、
有明山を御神体とする神社さんなのですねー。

「本殿」?
拝殿の真後ろではなく左後方にありました。
奥宮の代わりをする遥拝殿的な本殿でしょうか?


有明山神社と魏石鬼の岩屋 その1 ★長野県安曇野市 その15

蛇の彫刻が施された石灯籠。
ちょっと気になったので1枚。

隣にはお寺さんがあります。
どうやらそこから入った行くようです「魏石鬼の岩窟」。
ちょっと楽しみ♪
つづく。。。



以前の記事はこちらから。
有明違いでゴメンナサイッ。。。  長野県北安曇郡★有明山社

有明山神社
@長野県安曇野市穂高有明宮城

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する