FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

そうだ、東北に行こう!その14 「多賀城界隈の神社さん♪」 宮城県多賀城市★多賀城神社 その1

多賀城の一角にある「多賀城神社」です。


=== 案内板より ===
多賀城神社縁起
この神社は、多賀城神社と称し、後村上天皇をはじめとし、
北畠親房、顕家父子、伊達行朝、結城宗廣等の
南朝の諸将を奉祀する神社である。


そうだ、東北に行こう!その14 「多賀城界隈の神社さん♪」 宮城県多賀城市★多賀城神社 その2

元弘3年(1333)5月、鎌倉幕府を滅ぼし建武新政を樹立された後醍醐天皇は、
ひそかに関東、東北を拠点として新政府に叛旗をひるがえさんとする
足利尊氏の不穏な動きを洞察され、参議左中将北畠顕家を陸奥守に任じ、
嘉暦2年(1328)後醍醐天皇の第7皇子として生まれられた憲良王
(建武元年親王の宣下あり以後憲良を義良と改めらる)を奉じ、
陸奥、出羽両国を鎮撫のため陸奥国府の所在する多賀城に下向せしめられた。


そうだ、東北に行こう!その14 「多賀城界隈の神社さん♪」 宮城県多賀城市★多賀城神社 その3

この時、義良親王御年6才。顕家16才であったので、
建武中興の元勲であった前大納言北畠親房を親王の御守役として
また、顕家の補佐役としてともに下向せしめられた。

爾来、義良親王には、延元4年(1339)10月吉野行宮におかれ
即位(第97代後村上天皇)されるまでのわずか7年の間に陸奥大守として、
2度に渡り通算3ヶ年の歳月を多賀城において
南朝の忠臣達とともに王政復古のためつくされたのである。
云々。。。


鎌倉幕府が滅んで、南北朝時代へ。
南朝の方々をお祀りした神社さんなのですねー。
創建は昭和になってからのようです。

1つだけ小さなお社が建つ神社さんですが、カッコいい★


そうだ、東北に行こう!その14 「多賀城界隈の神社さん♪」 宮城県多賀城市★多賀城神社 その4

こちらは六月坂の手前にあった「多賀神社」。
案内がなかったので良くわかりませんが、
同じ名前の神社さんが、多賀城跡附寺跡にもあるようです。
関係あるのかな。。。



以前の記事はこちらから。
そうだ、東北に行こう!その13 「三冠達成っ!日本三古碑!!」  宮城県多賀城市★多賀城碑


多賀城神社
@宮城県多賀城市

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する