FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

そうだ、東北に行こう!その7 「荒脛巾神社っ!!」 ★宮城県大崎市 その7

人には、「他にもっと観るとこあったんぢゃないのー?!」
なんて言われそうですが、
私的には以前よりチェックしていた大事?なポイント★

あれだっ!


そうだ、東北に行こう!その7 「荒脛巾神社っ!!」 ★宮城県大崎市 その6

以前行った同系の神社からも想像していたのですが、
案の定、大きな神社ではありませんでした。

朱色の「鳥居」と「お社」が一つ。。。

そうだ、東北に行こう!その7 「荒脛巾神社っ!!」 ★宮城県大崎市 その1

荒脛巾神社っ!!
アラハバキ神社です!

宮城県、大崎市にある。
ここの地名も「荒脛巾」という。。。
アラハバキ神社、
なんだかここに来れてウレシイ、みたいな♪


=== 案内板より ===
荒脛巾神社 御縁起
祭神
祖神として天、地、水の三神を基とし、
日輪(日、月星)を父なる神、万物を育む地、水(山海)を母なる神とする。
自然信仰で、2000年に及んで鎮座する産土(うぶすな)神であります。


そうだ、東北に行こう!その7 「荒脛巾神社っ!!」 ★宮城県大崎市 その2

由来
古代先住民(荒吐(アラバキ)族、荒脛巾(アラハバキ)族)の祖神、守護神として、祀ったもので、
ある文献によると、古代の東北、関東の地に600余社数え、
平安期のアラハバキ系中心王侯は南部衣川、安倍氏が後裔と言われる。

前九年の役後、改神或いは合祀の憂目にあい、
現在県内にのこる荒脛巾社は当社他数社の御鎮座が見られます。


そうだ、東北に行こう!その7 「荒脛巾神社っ!!」 ★宮城県大崎市 その3

祭祀年
定かではないが、アラバキ族の王城の地を西暦前に米山町朝来に、
また西暦後多賀城へ、そして古川市宮沢(302年)に移したとある。
これを証とすればこの何れかの時代に、この地に一族集団が、
安住を求め守護神として祀ったものと推定される。

そうだ、東北に行こう!その7 「荒脛巾神社っ!!」 ★宮城県大崎市 その4

御霊験
永い間の信仰体験から何時とはなく「みずいぼ」の神と呼ばれ、
最もあらたかであります。
また「目、耳、鼻」の神、諸願成就の「産土神」として
2000年に及び鎮座し、今なお崇敬者が絶えない
あらたかな神であります。
云々。。。

そうだ、東北に行こう!その7 「荒脛巾神社っ!!」 ★宮城県大崎市 その5

謎の多い神様、アラハバキ。。。

奥州安倍氏にも関係があるような雰囲気で、
なにやら更に興味シンシンでありまする。。。
う~ん、深い、
んで、もっと知りたい。。。



以前の記事はこちらから。
そうだ、東北に行こう!その6 「奥州藤原文化の決定版!!」  岩手県平泉町★中尊寺 Ⅳ

以前のアラハバキはこちらから。
平沢地区の荒鎺神社 arahabaki-jinja  ★会津若松市
大字赤井の荒脛巾神社 arahabaki-jinja  ★会津若松市
アラハバキ神からマロウド神へ?!  大平町★客人神社

荒脛巾神社
@宮城県大崎市岩出山下一栗荒脛巾

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する