FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

=== メニューより ===
もんじゃのルーツ
東京月島で、昔から子供のおやつとして
親しまれていたのが「もんじゃ焼き」。もともとは
駄菓子屋が店に置いた鉄板で小麦粉を溶いて焼いたものだとか。

子供たちが絵や文字を書いて焼いたために「文字焼き」と
呼ばれていたのが、いつしか「もんじゃ焼き」に
変ったと言われています。
云々。。。

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その1

う~ん、勉強なるなぁ♪
というわけでお邪魔しております。
足利市にある「キャベツ家」さんです。
もんじゃ、お好み焼きのお店ですねー。

お座敷の席に陣取りまして、
お通しの「キンピラごぼう」。

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その2

生ビールをぐいぐいとやっつけながら、
「ところてん」です!
うーん、夏だなぁ♪

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その3

「お新香」。
大好きなタクアンをポリポリやりながら、

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その4

肝心のもんじゃ焼きは、
「ベビースターもんじゃ」をお願いしました!

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その5

トッピングがベビースターなのでそのまま
ベビースターもんじゃ、デス。
このベビースターを、始めから生地に入れてしまうか?
それとも焼いてからトッピングするか?!
これぞ運命の分かれ目!!

生地の味付けは、醤油を少々、ソースを少々のミックス★
あなたはどちら派?

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その6

そしてBECCAN的に初めての挑戦となる、月島デス!
おおーっ!

キャベツ山盛りで現れたのは「生エビもんじゃ」。


足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その7

と、コイツを仕込む前にいただいた、「なっとうキムチ」。
納豆もキムチも両方好きです★
合体しても、なおさら好きです(笑

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その8

で、肝心の月島もんじゃ。
メニューに書かれている焼き方通りにご紹介いたしましょう!

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その9

1.具を炒める
熱した鉄板に脂を薄くひきます。
器を水平に持ってキャベツと具だけを
鉄板に取り出して炒めます。

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その10

2.「土手」をつくる
キャベツがしんなりしたらドーナツ型に整え
「土手」をつくります。

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その11

3.生地を流し込む
器に残した生地の半量を土手の真ん中に入れ、
ヘラで8の字を書くように流します。
生地の色が変り粘りが出てきたら、
残りの生地を流し込みます。

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その12

4.全体を混ぜる
ぐつぐつしてきたら土手を崩し、全体を
混ぜ合わせます。
ヘラを使って刻むとキャベツのうま味が引き出せます。

足利市にあるお好み焼き屋さん キャベツ家さんです。 その13

5.広げて焼けばできあがり!
鉄板に薄く広げ、お好みで青のりをふりかけます。
そのまま焼いて底がこげてきたらできあがり。
「はがし」でかきとるように少しずつとって食べます。


皆さん、上手に出来ましたかぁ?
あ~、美味しそうですねー。
喧嘩しないでいただきましょうね、ウムム!

お知らせ。
キャベツ家さんの「もんじゃの日」です。
毎月、第3、第4の木曜日。
もんじゃのみ、200円引き。
(月島もんじゃは除く。お盆、祝祭日は除く)

う~ん、なんだかお徳だなぁ。
さぁ、皆で行ってみよーっ!
ごちそうさまでした★



以前の記事はこちらから。
確かにキャベツが一杯でたけど。。。 足利市★お好み焼き キャベツ屋

【お好み焼き キャベツ家】
@栃木県足利市八幡町243-5
TEL/0284-71-3088
営業時間/17:00~23:00(平日)、12:00~23:00(土日、祝日)
営業時間/22:30(L.O)
おやすみ/木曜日

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する