FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

藤岡歴史館 ( 藤岡市 埋蔵文化財収蔵庫 ) その1

群馬県藤岡市にある「藤岡歴史館」。
別名、埋蔵文化財収蔵庫です。もちろん要チェック☆
貴重な文化財を拝見できる上、
入館無料なのも激しくウレシイ!

前回の古墳から、すぐのトコロ。。。

藤岡歴史館 ( 藤岡市 埋蔵文化財収蔵庫 ) その2

いやーっ、素晴らしい笑顔ぢゃありません?!
入館するなり、たくさんの埴輪くんたちが出迎えてくれました。


藤岡歴史館 ( 藤岡市 埋蔵文化財収蔵庫 ) その3

いろいろな形の土器が、
ところ狭しと展示されています。


藤岡歴史館 ( 藤岡市 埋蔵文化財収蔵庫 ) その4

こちらはなんだろネ?
石器の類や装身具。
古代のアクセサリーといったところでしょうか。
なかなかお洒落だったのかな、ウムム。

藤岡歴史館 ( 藤岡市 埋蔵文化財収蔵庫 ) その5

土偶?!
よく宇宙服を着たナントか、と言われるアレかな?


んで。
今回の目玉は、これだぁ!


藤岡歴史館 ( 藤岡市 埋蔵文化財収蔵庫 ) その6

「装飾付大刀」!
平井1号墳、出土品の企画展です!

藤岡歴史館 ( 藤岡市 埋蔵文化財収蔵庫 ) その8

「平井地区1号古墳 復元想像図」↑


=== 展示パネルより ===
平井地区1号古墳
古墳は、猿田川左岸の舌状に張り出した河岸段丘の北縁にあり、
南に皇子塚古墳が隣接しています。

調査の結果、径24m、高さ4mの2段につくられた6世紀後半の円墳で、
葺石、埴輪列、周溝、祭祀遺構が確認されています。
祭祀遺構は2つあり、1つは墳頂で、小石を敷いた上に
須恵器の大甕を置き、周囲に家、大刀・靭・鞆・帽子を形どった
埴輪が配置されていました。
2つ目は石室の入口前で、小石を敷いた上に甕・堤瓶、横瓶・高坏
などの須恵器が並べられていました。

藤岡歴史館 ( 藤岡市 埋蔵文化財収蔵庫 ) その7

「金銅装単鳳環頭大刀」の柄頭部分↑


北に開口する両袖型の横穴式石室は、全長6.8m、
玄室長3.65m、奥壁幅2.1m、羨道長3.15mの大きさです。
玄室の平面形は短冊形で、玄門に框石を置き、
玄室と羨道に段差を持たせています。

石室の壁は、凝灰岩の切石積みで、切り組みの手法を
取り入れています。

石室から出土した副葬品や埴輪・土器類は
一括で国の重要文化財に指定されました。
特に、完全な形で残されていた2本の装飾大刀が注目されます。

藤岡歴史館 ( 藤岡市 埋蔵文化財収蔵庫 ) その10

「銀象嵌円頭大刀」の柄頭部分↑


1つは、金銅装単鳳環頭大刀で柄頭の環の内側に鳳凰を表現しています。
もう1つは、銀象嵌円頭大刀で、鉄製の丸い柄頭に銀象嵌で
亀甲繋文と鳳凰文を表現しています。
云々。。。

藤岡歴史館 ( 藤岡市 埋蔵文化財収蔵庫 ) その9

「大刀形埴輪」↑


いやいやいや~、すんごいカッコいい♪
デザインのセンスも抜群じゃありません?!
しかししかし、こんなのがぞろぞろと古墳から出てきちゃうなんて
すんごいな~★
う~ん。。。

古代の人のお洒落なセンスにも敬服。
かなり感動、激しく嬉しかった1日であります。
良いモノを拝見できました♪



以前の記事はこちらから。
皇子塚、平井地区1号、白石稲荷山、藤岡市の古墳群  ★群馬県藤岡市

藤岡歴史館
@群馬県藤岡市白石1291-1
TEL/0274-22-6999
開館時間/9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料/無料
おやすみ/年末年始(12/27~1/4)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する