FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/051234567891011121314151617181920212223242526272829302020/07

山上古墳と山ノ上碑 ★高崎市 その2の、その1

山上古墳と並んであるのが「山ノ上碑 yamanoueno-hi」。
国の特別史跡です。
覆屋でしっかりと保護されていますネ。

山上古墳と山ノ上碑 ★高崎市 その2の、その2

これだぁ↑
古代の石碑デス。まるっこい印象デス。

ここに刻まれているのがこんな文字↓

山上古墳と山ノ上碑 ★高崎市 その2の、その4

=== 案内板より ===
特別史跡 山ノ上碑および古墳
山ノ上碑
山ノ上古墳のすぐ近くに建っており、
この古墳の墓碑と見なされている。


碑文
辛巳歳集月三日記
佐野三家定賜健守命孫黒売刀自此
新川臣児斯多々弥足尼孫大児臣娶生児
長利僧母為記定文也 放光寺僧

特記事項
一.多胡碑(多野郡吉井町)、金井沢碑(高崎市山名町)とともに
一.上野三碑といわれること。
一.古墳のつくられた年代、葬られた人がわかる全国的に貴重な
一.資料であること。
云々。。。


山上古墳と山ノ上碑 ★高崎市 その2の、その3

天武天皇10(681)年10月3日に碑文を記した。
佐野の三家を管掌してきた健守命(たけもりのみこと)の孫である
黒売刀自(くろめとじ)が、新川臣(にいかわのおみ)の子である
斯多々弥足尼(したたみのすくね)の孫である大児臣(おおごのおみ)と結婚して、
2人の間に生まれた子が長利僧(ちょうりのそう)で、
その長利僧が母の為にこの碑文を記し定めるものである。
長利僧は放光寺の僧。

そんなような意味。。。

山上古墳と山ノ上碑 ★高崎市 その2の、その5

「佐野の三家」とか「放光寺」の解釈が
歴史を紐解くカードになっているようです★
放光寺ってあれですよね?
あの前橋にある山王廃寺のことなんですよね?!

一人で興奮してしまう私であります。
楽しいなぁ。。。



以前の記事はこちらから。
山上古墳と山ノ上碑 yamanoueno-hi その1  ★高崎市
以前の石碑はこちらから。
金井沢碑 kanaizawano-hi  ★高崎市

山上古墳と山ノ上碑
@群馬県高崎市山名町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する