FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

足利市 正一位霊験稲荷社 その1

=== 案内板より ===
正一位霊験稲荷社縁起
この正一位霊験稲荷社は、足利学校第7世庠主(しょうしゅ)
玉崗瑞與(ぎょこうずいよ)(九華)が書いた天文23年(1554)9月の棟札に、
足利学校の鎮守である稲荷大明神が、年代が古く神体・社殿ともに破損しているので、
あらたに神体を造立し、社殿を造営し、八幡大菩薩を合せ祀ったとあるから、
稲荷社の創建は天文23年(1554)よりかなり時代がさかのぼると思われる。

江戸時代この稲荷社は、霊験あらたかで足利の町の人々をはじめ
近郷近在の人々が信仰し、祭礼におおぜいの人々が参詣した。
またこの稲荷社の狐は、足利の町に異変がおこりそうな時は、
前の晩などに危険を知らせて人々を守ったので、
人々から大事にされたという。

足利市 正一位霊験稲荷社 その2

江戸時代足利学校では毎年11月に、御供小豆飯をわらにのせ、狐の穴に供えていた。
この稲荷社が霊験あらたかなので、明和7年(1770)第16世庠主
千渓元泉(せんけいげんせん)が、もとの稲荷大明神を改め、
正一位如意霊験と尊崇し、正一位霊験稲荷社とした。


足利市 正一位霊験稲荷社 その3

社殿は天文23年(1554)創建当時のものと思われるが、
明和9年(1772)あらたに梅や竜などの彫刻を社殿にとりつけた。

参道にある灯篭は、元文2年(1737)に足利町の石井新五兵衛・亀田市郎兵衛の寄進、
水屋の手水鉢は江戸の大井権左衛門の寄進であり、
明治42年(1909)図書館のところにあった社殿とともに現在地に移された。
神前には佐野の天明で作られた灯籠がある。
云々。。。


こちら、
足利学校の中にあるんです。。。



正一位霊験稲荷社
@栃木県足利市昌平町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する