FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その1

参道沿いの風景をいろいろと散策しながら。
「手水舎」まで上って参りました♪

こちらでお清めをし。。。

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その2

右手に、「瓶子の滝」を拝見。。。
おおー、なかなかな高さがあるなー。
小雨のせいか、独特の雰囲気を出しています、ここ。


=== 案内板より ===
瓶子の滝(みすずのたき)
滝の名前は落ちている両脇の岩を瓶子(みすず)岩と
呼んでいたことによります。
瓶子は神に供える神酒をいれる器のことです。

滝の水、御水屋の水ともに境内の湧水です。
云々。。。

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その3

===
矢立杉
武田信玄箕輪城攻略のみぎり
参拝矢を立てて祈願したと云はれる巨木である。
云々。。。


ドドーンッ、と一直線に
2本の杉が上方へ伸びております★
隣にある「神幸殿」と一緒になって、なかなか
迫力のある景色であります。

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その4

「神幸殿・みゆきでん」。

「中に何があるかわかるかい~?
覗いても何もないよー(笑 !!」と、
境内を掃除していたおじさん。

神輿渡御5月8日早暁
神輿還御5月15日早暁

と、案内にあるように、毎年このお祭りの期間に、
お神輿に乗ったご神体が本殿よりこちらに移されます。
御旅所のような役目をする建物なのかな?

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その5

「神門」をくぐり。。。


榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その6

「双龍門」と背後の「鉾岩」。


榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その7

===
竣工は安政2年(1855)。間口10尺、奥行9尺。総欅造。
4枚の扉にはそれぞれ丸く文様化された龍の彫刻が施されていることから
双龍門と呼ばれるようになった。
羽目板の両面には「三国志」にちなんだ絵柄が彫られており、
天井の上り龍、下り龍とともに双龍門の風格を高めている。
云々。。。

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その8

どぉ~んっ!

こちらが双龍門にいらっしゃるドラゴン君です!
まさしく門の番人といったところですね♪


榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その14

そしてこの双龍門をくぐり、
いよいよ社殿がお目見えします♪

「拝殿」。

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その19

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その20

拝殿にも大迫力★、赤と白のドラゴン君がいらっしゃいます。
色鮮やかな神獣、彫刻が、あちこちに施されている社殿。
カッコいいなぁ。。。

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その21

拝殿の後ろには「幣殿」と「本殿」。
なんと言っても特徴的なのが、これ。
本殿が岩の中にめり込んで?いるのです!
おおーっ。


===
本社・幣殿・拝殿
文化3年(1806)の再建。手前が拝殿、奥が本社で、
両者をつなぐのが幣殿。
本社、拝殿ともに入母屋の権現造。屋根は銅板葺。
目貫の鷲、左右海老虹梁の二龍など彫刻が多い。
云々。。。

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その15

社殿の背後、本社とつながっている「御姿岩・みすがたいわ」。
どどーん、とそびえ立っております。
くびれたように見えますけど、
雨や風に侵食されて落ちて来ないのかな?

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その16

う~ん、デカイ。。。
そしてすごく神秘的です。

なんとも言えません。。。

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その10

「神楽殿」。


榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その18

===
神楽殿
明和元年(1764)11月の再建。方二間の高床形式。
神に奉納する神楽を演じる場所であり、
本殿と向かい合い、床の高さを同じくする。
云々。。。


神楽殿を守っている?このちっちゃい鬼っ子は
いったい誰なんだろ?
ちょっとコワイ。。。

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その11

「国祖社」。


榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その12

「額殿」。


===
国祖社・額殿
国祖社はもと榛名山西部の御祖霊獄にあったものを
いつの頃からから本社のそばに摂社として祭るようになったと伝えられ、
天保12年(1841)に修復された。祭神は、
豊城入彦命、彦狭島命、御諸別命。
神仏分離以前は本地仏を安置し、本地堂とも呼ばれた。

額殿は文化11年(1814)、国祖社に増築する形で建立。
本来は神楽の拝見所であるが、大小の「太々御神楽」の
扁額を掲げてあることから額殿と呼ばれている。
云々。。。

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その13

縁結びの「杵築社」。


榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その17

御祈祷待合所の建物に掲げられていた額。
なんなんですか?のこぎりの歯?
杉並木を伐採したのこぎりの歯ですか?
わかりません(汗

榛名神社 ★群馬県高崎市 社殿 その9

こちらは、
新田義貞さんが寄進したと伝えられる「古鉄燈籠」。
県内最古のものだそうです。


=== リーフレットより ===
榛名神社
1400余年前、第31代用明天皇(585~587)の時代に
創建されたといわれる古社。
榛名神社の名は延長5年(927)に完成した「延喜式神名帳」という、
全国の主要な神社の名を書き記した記録の中に
「上野十二社」の一つとして載っています。
雨乞いの神社として、また修験者の霊場として古くから
榛名山信仰の参拝者を集めてきました。

江戸時代末期に至るまで神仏習合の時代が続き、満行宮榛名寺などと称えて、
上野寛永時に属し、別当兼学頭が派遣されて一山を管理していましたが、
明治初年に榛名神社として独立しました。
云々。。。


雨乞いの神社さんらしく、
小雨降る中の参拝となりました。
雨の音だけの静寂がとても心地良く、
ゆっくりと散策出来ました★

すばらしい神社さんですねー。
また来てみたい。
また来よう、榛名神社。。。



以前の記事はこちらから。
どどぉ~ん、と千四百年の時を経て。。。 その1  高崎市★榛名神社

榛名神社
@群馬県高崎市榛名山町

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する