FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

福原八幡宮 大田原市 その1

先ほどの「千勝神社」さんから少し行ったところ。
大田原市の福原にあります「福原八幡宮」にやって参りました♪

こちらは「ふくはら」?「ふくわら」?
案内板には「fukuwara」とありましたがどちらでしょうか?
道路の反対側には「金剛寿院」というお寺さんがあります。


「鳥居」の手前には注連縄をはった
大きな岩と。。。

福原八幡宮 大田原市 その3

朱色をした「境内社」。


福原八幡宮 大田原市 その4

そして「狛犬」クン♪
ゴツゴツ感があってなかなかな迫力です!
ガッー!、みたいな。

福原八幡宮 大田原市 その2

「拝殿」。
参拝している方が何人かいらっしゃいます。
地元の方なのかな?


福原八幡宮 大田原市 その7

「本殿」。
朱をベースに白が塗られていてすごく綺麗です!


=== 案内板より ===
福原八幡宮本殿
創建年代は定かではありませんが、貞亨2年(1685)社殿を修復し、
更に寛政2年(1790)修築して現在に至っております。
本殿は流造り、銅板平葺で壮麗、彫刻の手法もすぐれています。

この神社は、明治2年(1869)の神社分離前までは、
福原金剛寿院と同一の神仏混合社でした。
金剛寿院には、寛政2年社殿修築の棟札が残されています。
云々。。。

福原八幡宮 大田原市 その5

それにしてもカッコ良い本殿です♪
彫刻もすごいなー★

福原八幡宮 大田原市 その6

=== いただいた資料より ===
由緒沿革
創建時期は不明。社伝には次のようなことが伝えられている。
清和天皇の頃(859~877)、藤原良門が諸国に八幡宮霊場を勧請するため、
奥州下向の途次当地に立ち寄ったところ、
霊気を感じこの地に八幡宮を建立した。

福原八幡宮 大田原市 その10

源頼義が天喜5年(1057)、前9年の役制圧のため
奥州に向かう途中、当地で戦勝を祈願し
山城国の石清水八幡宮を勧請したことに始まる。

金剛寿院に残る那須資晴書状(年不詳11月29日付)には
「富久原之八幡」の別当に金剛寿院の某が任じられたのを
祝う記事が見られ、別当は金剛寿院が勤めていたことがわかる。

福原八幡宮 大田原市 その8

那須氏が福原に住してからは那須家の崇敬厚く、
毎年籾50俵の他、祭祀料として籾2俵が給せられた。
しかし、貞亨4年(1687)那須資徳の時、家督相続争いにより
国を解かれたため、その寄進もなくなった。

~中略~

福原八幡宮 大田原市 その9

明治3年(1870)、版籍奉還とともに那須氏が旗本をとかれ、
社領も没収された。
明治5年(1872)、神仏分離令により福原88戸の鎮守となり、
さらにその年、近郷25か村の郷社となった。
云々。。。


那須氏との関わりも深い、
歴史ある神社さんなのですねー。
カッコ良い本殿が印象深い、
とても雰囲気の良い神社さんでした。

また来てみたい、
また来よう、福原八幡宮。。。



以前の記事はこちらから。
福原にある千勝神社♪  ★大田原市

福原八幡宮
@栃木県大田原市福原

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する