FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

山上多重塔 ★桐生市 その5

赤城山の南麓。
なだらかで綺麗な山の裾野。

ここにポツリと、
「山上多重塔」なるものがあります♪
なんでも国の重要文化財のようですょ。

山上多重塔 ★桐生市 その2

これだぁ!


=== 案内板より ===
塔婆(石造三層塔)
この塔は、総高約1.85mで多乳質の安山岩製で三層が一石で造られている。
初層の塔身は、一辺48センチメートルで垂直に立ち上がり、
二層、三層では「八」の字状を呈す。

各層の四面には朱色が塗られ、
上段から右回りに45の文字が刻まれている。

朝廷や衆生等のため、小師道輪が法華経を安置する塔を造った。

無間(八大地獄の一つ、阿鼻地獄)の受苦より救われ、
安楽を得て、彼岸(仏道に精進して、悟りの高い境地に達する)へ
往けるように願ったと記されている。

供養等として、僧道輪により延暦20年(西暦801年)7月17日に建立された。
平安初期に於ける地方の仏教文化史上、重要な石造物で
全国に希有なものである。

山上多重塔 ★桐生市 その4

塔婆碑文の解読
絶えることのない地獄の苦しみから、すべてのものを救い、
永く安らぎの地へ往くことができるように、
ここに如法経を安置する塔を建てた。
これは、朝廷・神祗・父母・衆生・含霊の
あらゆるもののために建てられたものである。
そして、これには小師である道輪が関わった。
それは、延暦20年7月17日のことである。
云々。。。


山上多重塔 ★桐生市 その3

以前はこの周りに、寺院やなにやら
あったのでしょうか。
1つだけポツンじゃ淋しいですよね。

覆屋のすぐ脇にあった2つの石塔。
こちらも山上多重塔のお仲間なのかな?
だいぶ朽ちてはいます。。。

山上多重塔 ★桐生市 その1

赤城南麓に平安仏教の足跡。。。
ナニゲに面白い?!

また来てみたい。
また来よう、山上多重塔。。。



山上多重塔
@群馬県桐生市新里町山上

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する