FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

石坂亥士さん、新春ライブにて。桐生市 その5

ジャラ~ン  ジャラ~ン
  ジャラ~ン  ジャラ~ン
会場が暗くなり、響き渡る鈴の音。。。
石坂亥士さん、新春ライブの始まりです!

ジャラ~ン  ジャラ~ン 。。。
鈴の音が止み、打楽器へと変わり、
心地良い振動が伝わって来ます。
目を凝らさなければ確認できないほどの
暗がりの中で、続く演奏。。。

石坂亥士さん、新春ライブにて。桐生市 その1

会場の灯りがともり、
無言のまま太鼓とドラの演奏に移ります。

ドラの音って、凄いですね。
小さく鳴っても、徐々に広がり出し、
幾重にもなって、会場内に充満していきます。
レンガ造りの建物だから、余計そう感じるのかしら。
反響音の多さに、ドキドキしてしまいます。

石坂亥士さん、新春ライブにて。桐生市 その2

ここで、この日のライブについてお話しされ、
アフリカの太鼓、ジンベの演奏に。
太鼓と素手だけなのに、すごい疾走感ん!

石坂亥士さん、新春ライブにて。桐生市 その3

そして、チベットの仏具で、7つの金属から出来ているという
セブンメタルや、水を入れて音を出すつぼのような
ウォータードラムなど、説明をしながら音を出していきます。
中でも変わり種は、ほら貝。
単純な音しか出ないと思い込んでいましたが、
メロディーが出せるのですね♪

石坂亥士さん、新春ライブにて。桐生市 その4


石坂亥士さん、新春ライブにて。桐生市 その7

会場が和んだところで、神楽太鼓の演奏です。

目の前での演奏は凄い迫力で、「聴く」ではなく
体感するといった感じ!
力強い太鼓の響きが続き、浸透してきます★

石坂亥士さん、新春ライブにて。桐生市 その8

後半はスペシャルゲスト、エレキギターの
塩島光弘さんとのセッションです。

想像できない組み合わせのお二人。
一緒に演奏されるのは、3回目とのこと。
石坂さんの神楽太鼓で始まり、塩島さんの
エレキギターが加わります。

石坂亥士さん、新春ライブにて。桐生市 その9

始めは穏やかに、少しずつ熱を帯びて、
二つの音色が会場内に飽和しては引き、また飽和していきます。
お互いの音が反発し合わず、不思議な調和があるんです!
打合せはあまりしていないと仰いながらも、
終わりは自然と揃っていました。

石坂亥士さん、新春ライブにて。桐生市 その6

石坂さんのライブ、今回初めて拝見しましたが、
一つずつの楽器をじっくり演奏する姿、
話しをされている時の穏やかな様子、
気が付くと、石坂さんの世界に引き込まれています。
是非また、神楽太鼓の音色を、間近で体感したいなっ♪



以前の記事はこちらから。
夕焼けと、「石坂亥士 Live in 樹洞 uro」~リハーサル~  ★足利市

有鄰館 煉瓦蔵
@群馬県桐生市本町2丁目

コメント
この記事へのコメント
体感できて
うらやましいです・・・
今年中(多分秋)には私も体感できるような気がします。
ギターとのセッションを聞きたいとは想っていますが、ぜいたくは申しません。

私のブログでご紹介したいのでこちらの映像とかをお借りしていいでしょうか・・・
もちろんBECCANさんのご紹介もかけてということでぇ~いかがでしょうか・・・
2010/02/25(木) 05:12 | URL | ヘルブラウ #pDmV/urE[ 編集]
ヘルブラウ さま★
ギターの方とのセッションは
しばらく続けて行くみたいです?!
観れると良いですね♪

写真、ぜひぜひ使ってください★
ご紹介いただくのはウレシイ限りです(笑
2010/02/25(木) 07:00 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する