FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

御堂と大ヒバ  粟野町★大応寺 その3

星野遺跡にあった周辺マップ。
あれ?それ、ここから近いんじゃない!?

というわけでやって参りました「大応寺」さん♪
こちらにあるのは「御堂」と「大ヒバ」。

御堂と大ヒバ  粟野町★大応寺

チョイと急な石段を上って。。。
軽く息が切れます。。。(笑

御堂と大ヒバ  粟野町★大応寺 その2

こちら!


=== 案内板より ===
小山芳姫の御堂
南北朝時代に下野の守護であった小山義政は、
鎌倉公方であった足利氏満にそむき粕尾城(現東野町中粕尾)に籠ったが、
戦いに敗れて赤石河原で自害しました。

芳姫はその小山義政の正室で、
義政に会うために侍女を1人伴って粕尾城に向かっていましたが、
その後大事に持っていた乾飯の袋を宝の袋とまちがわれ、
案内役のものに殺されてしまいました。
その後、江戸時代になり村人はこれをあわれんで、
寒沢林道の奥に芳姫のお墓を建て供養したということです。
芳姫のお墓は、現在、市の指定文化財になっており、
この御堂は近年になって小山芳姫の墓保存会の人々によって建てられたものです。
云々。。。


小山氏ですか。。。
うむむ、ナニゲに興味シンシン♪

御堂と大ヒバ  粟野町★大応寺 その4

どんっ!


御堂と大ヒバ  粟野町★大応寺 その6

と、こちらが「大ヒバ」。
なんだかモジャモジャしててスゴイですねー。


===
大応寺の大ヒバ
ヒバは杉に比べて成長が遅いため、日光杉並木の杉(樹齢370年)と
同じ程度の太さがあるこのヒバは樹齢400年と推定され、
大応寺が開山されたと言われる時期(元和4年、1618年)と一致していることから、
この時に植えられたものではないかと考えられています。

御堂と大ヒバ  粟野町★大応寺 その5

また、現在、ヒバの種類は変種や改良種などたくさんあり、
ここのヒバはその中のヒヨクヒバによく似ていますが、
ヒヨクヒバは近年になっての変種であるため、
樹齢から考えるとヒバの原種ではないかと推測されます。

県内で、天然記念物に指定されているヒバは
今市市法蔵寺のイトヒバ(目通り3.4m)のみであり、
ヒバの巨木は大変珍しいものです。
云々。。。

御堂と大ヒバ  粟野町★大応寺 その7

わずかな時間の拝見でしたが、
意外に楽しめたかも♪
いろいろな風景の残る粟野でありまする。。。



以前の記事はこちらから。
梅のようで梅でないっ!(粟野を攻める!その2)  鹿沼市★上永野 ろう梅の里

大応寺
@栃木県栃木市星野町

コメント
この記事へのコメント
栃木市星野・大応寺
小山よし姫の堂宇の写真で、こんなに良いの始めて見ました。
2010/02/22(月) 16:50 | URL | 長さん #-[ 編集]
長さん さま☆
はじめまして。
お褒めいただいて恐縮です(汗
小山義政さんにまつわるお話は、なかなか興味のあるところで、
チョコっと散策してみたいと思っています♪
粟野ってオモシロいんですね~!
コメントありがとうごさいました!
2010/02/23(火) 06:49 | URL | beccan #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する