FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

山王廃寺と日枝神社 ★前橋市 1

前橋市にある「日枝神社」です。
なんの変わりもない小さな神社さんですが、
前から気になっていたところ。

そうなんです!
ここには「山王廃寺・sanno-haiji 跡」がありますから!
要チェック★の国指定史跡なのです。
有名かな。。。

山王廃寺と日枝神社 ★前橋市 2

=== 案内板より ===
日枝神社 (山王)
当社は天台宗の守護神として近江国日吉神(山王権現)を
勧請したものである。
往時この地に昌楽寺と称する天台宗寺院があったからであろう。

山王廃寺と日枝神社 ★前橋市 3

社伝によれば、治承4年の兵火に焼かれる以前は、
この地に山王21社があり早尾、王子宮はじめ
諸種の社殿が立ち並んでいたという。

山王廃寺と日枝神社 ★前橋市 4

社宝には、現在山王曼陀羅掛軸が保存されている。
鎮守産土神の例祭日は4月3日。
境内には元禄8年(1695)の庚申塔をはじめ
18基の万造物(民間信仰遺産)が安置されている。
云々。。。

山王廃寺と日枝神社 ★前橋市 5

うむむ。。。
社殿の裏手にまわりますと、
石仏や石塔、石祠、庚申塔などがずらり。。。


山王廃寺と日枝神社 ★前橋市 6

そして、ここ日枝神社のある同じ場所が
「山王廃寺跡」ですっ★

===
山王廃寺主要伽藍推定復元図
今から約1300年前、全国的にも稀にみる豪荘、華麗な寺院が
この地に建てられた。今でも創建当時、寺院の屋根を飾った
石製鴟尾、塔の中心礎石、塔心柱根巻石などが残っている。
この絵は、寺院の主要部分の推定復元図である。
云々。。。


案内には、主要部分の復元図とありますから、
実際の寺域はもっともっと広く、大きなお寺さんだったのでしょうねー。
すごいなー。

山王廃寺と日枝神社 ★前橋市 7

===
史跡 山王塔跡
大正10年塔心礎が発見され、
ここが古い時期の寺院跡であることがわかり、
地名にちなんで「山王廃寺跡」と名づけられた。
塔の心礎は一辺14mの方形基壇の中央を掘り凹めた中におかれ、
東西3m、南北2.5m、厚さ1.5mという巨石を加工したものである。

心礎のほぼ中央には、径65cm、深さ18cmの孔(柱受けか)と、
さらにその中央に径27cm、深さ30cmの舎利孔との二段の孔が
うがたれている。
~中略~

寺院建立時期は、出土瓦などから
7世紀末の白凰期の頃と考えられる。
云々。。。

山王廃寺と日枝神社 ★前橋市 8

「石製鴟尾・しび」。
お寺の屋根の両端にくっついている「シャチホコ」の前身。
シャチホコは中世以降、鴟尾から変化したものだそう。

高さ1m、重さ1tもあり、山王廃寺の壮大さがうかがえる、
とありました。

「塔心柱根巻石」も展示されていましたが
興奮のあまり写真撮るのワスレました。。。
うぬぬ。。。


偶然にもこの日、発掘調査の途中で、
調査員の方たちが現場の撮影をしていました★
「6世紀かな~、これ。
伽藍の配置はわかったんだけど、寺域を調査中なんですー。
まだ発表前の資料ですから個人で楽しむ意外にはつかわないでねー」、と
発掘現場の写真掲載はno good!
瓦やなにかの陶器が地中から沢山出ていましたよー。
お見せ出来ないのが残念!

噂に聞いた「山王廃寺跡」。
今後の発掘結果も大変興味のある史跡でした♪
また来よう、山王廃寺跡。。。



山王廃寺跡
@前橋市総社町総社

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/14(月) 22:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する