FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

鶴ヶ城 ★会津若松市 1

会津若松市のシンボルともいえる「鶴ヶ城」です。
深いお掘りが続き、大きなお城なんだなー、と感動★


=== 案内板より ===
若松城(鶴ヶ城)
南北朝の頃、葦名氏によって築かれた黒川城は、
文禄元年(1592年)蒲生氏郷によって7層の天守閣を築き、
城郭は甲州流の縄張りを用いて整備し
黒川の名を若松と改め、城の名を鶴ヶ城と命名した。

寛永16年(1639年)加藤明成は7層の天守を5層とし、
北馬出、西馬出を北出丸、西出丸に改築し
現在の形態となった。
云々。。。

鶴ヶ城 ★会津若松市 8

どーんっ!

鶴ヶ城 ★会津若松市 9

入場料を支払い、
あの天守閣まで上ってみよう!

鶴ヶ城 ★会津若松市 11

と、
お城の外観とは裏腹に、中はまるで博物館?!
当時の貴重な資料や美術工芸品、
会津若松の歴史などが展示してありました★
もちろん撮影はNo Good!

鶴ヶ城 ★会津若松市 2

5層にもなる天守閣!
さすがに高いっ。
四方を眺めることが出来て絶景なのですが。。。

鶴ヶ城 ★会津若松市 3

高い所はチョイと苦手で(汗
足がすくみますぅ。。。


鶴ヶ城 ★会津若松市 4

「大河ドラマ 天地人」で使用された備品も展示されていました。
弓と矢。

鶴ヶ城 ★会津若松市 5

俳優さんたちが撮影時に着用された衣装。

鶴ヶ城 ★会津若松市 6

お城の中にはいろいろな機能があったようです。
こちらは狭間(さま)と、石落とし。

攻めてきた敵にむかって鉄砲を打つ小さな窓のことを
狭間といいます。

鶴ヶ城 ★会津若松市 7

石落し。
お城の石垣をよじ登ってくる敵めがけて
大きな石を落とす穴です。

こんなのが上から降ってきたら
たまりませんねー。

鶴ヶ城 ★会津若松市 10

===
馬洗石
本丸南側土手寄りに、藩公が馬術を稽古するための
馬場があった。
この石は、馬の口洗いのために用いられたと伝えられている。
云々。。。

鶴ヶ城 ★会津若松市 12

===
上杉謙信公仮廟所跡
天正6年(1578)に亡くなった戦国時代の武将 上杉謙信は、
甲冑姿で甕(かめ)に納められたと伝えられ、居城の越後
春日山城(現在の新潟県上越市)に葬られました。

その後、跡を継いだ上杉影勝が会津へ移封するのにともない、
謙信の墓所も会津へ移されることとなり、若松城(鶴ヶ城)内の
西南の隅の仮殿に安置されたと記録があります。

当時の城内の様子は正確にはわかりませんが、
「城内」が今の内堀に囲まれた中を指しているのならば、
この蔵跡あたりが該当するのではないかと考えられます。

慶長6年(1601)、上杉影勝の米沢転封により、
謙信の遺骸も米沢城の本丸に移されました。
云々。。。

鶴ヶ城 ★会津若松市 13

===
表門(鉄門・くろがねもん)
帯閣から本丸内の奥御殿に通じる表門で、
北向きの多聞櫓城門である。
扉や柱が鉄で包まれていたところから
鉄門の名がつけられている。

門の石垣の仕法は「切込ハギ」と呼ばれ
代表的な遺構の一つとして知られている。

鶴ヶ城 ★会津若松市 14

===
この石垣は、鶴ヶ城の大手門の渡り櫓などへ
簡単に「昇り」「降り」ができるように造られています。
V字型に造られており「武者走り」とも呼ばれ
鶴ヶ城の石垣の特色の一つです。
また、地表面での占有面積も少なくすみ、
石積みについての当時の知恵がうかがえます。
云々。。。


城内にはいろいろと見所がありました。
黒川城時代からの城の歴史も簡単なビデオで放映されています。
特に印象深かったのは、
館内に展示してあった戊辰戦争終結直後の鶴ヶ城の写真。
砲弾のなまなましい傷跡がいたるところに見られ、
城全体も傾いているような姿に写っているもの。

お城なんですけど、なんだか可愛そうになりますね。
でもベンキョーなったなぁ。オモシロカッタ♪



以前の城跡はこちらから。
白河小峰城に行ってきました!  ★白河市
忍の浮き城。。。  行田市★忍城 oshi-jo
「さくら市ミュージアム」と「勝山城跡」  ★さくら市
難攻不落の金山城  太田市★金山城跡
歴史の小径にある風景 その6 「館林城跡の土橋門」  ★館林市


以前の記事はこちらから。
あわまんじゅう to ソース串かつ  ★会津若松市

鶴ヶ城
@福島県会津若松市

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する