FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

山形へGo!(6)
最上川を渡り酒田市中心部へはいります。
着いた所は山居倉庫です。

この山居倉庫は明治の頃に建てられたお米の倉庫です。
穀倉地帯の庄内に相応しく大きく立派な建物は、当時の最高水準の建築で今でも実用の倉庫として稼動しています。
その一部を公開しているものです。隣接して庄内米歴史資料館なんてのもありました。

この倉庫の裏手に大きな欅の並木があります。季節ごとに色んな顔を見せてくれそうです。
こんな所が日常の散歩コースで持てたなら幸せなんでしょうね。
山形へGo!(7)


この後は、庄内平野をぐる~っと走ってきました。


雲が掛かって鳥海山が見えなかったのはちょっと残念でしたけど、広大な田園地帯を速くもなく遅くもなくのペースで流すのは、快適そのものです。
走っていると言うより飛んでいる様です。背中に羽が生えた気分です。
今日もたっぷり遊びました。
日も西に傾いてきました。そろそろビールの時間です。

だだちゃ豆が待つキャンプ場に帰ってきました。
まず最初にゴシゴシとだだちゃ豆を洗います。
鍋にお湯が沸いたら、ほんの一つまみ塩を入れだだちゃ豆を投入します。茹で過ぎは禁物。
ここで失敗したらすべてが台無しになります。緊張の一時です。
今だ!って瞬間にお湯から上げて、軽く塩をふり新聞紙の上に広げます。
後はひたすら団扇で扇いで冷まします。
山形へGo!だだちゃ豆


だだちゃ豆は、茹で上がってすぐよりも、よく冷ましてからの方が風味が増すようです。
カズオさんが頑張って扇いでくれたおかげでイイ感じになりました。いよいよ乾杯です。
ビールをグビリとやり、だだちゃ豆をひとつ摘みます。もうひとつ摘みます。またひとつ摘みます。
もう止まりません。ビールの空き缶も増えていきます。この瞬間のために生きてきたのかもしれません。暗くなる頃には良い気持ちです。

カズオさん、変な踊りを始めました。今夜は長くなりそうです。

山形へGo!(10)

おしまい。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beccan.blog56.fc2.com/tb.php/141-9113240e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
バイク
2006/11/15(水) 10:43:25 | バイク