FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

氣多神社 高岡市 2

「手水舎」にいたドラゴンくん。
富山県高岡市にある「氣多神社 keta」にやって参りました。

氣多神社 高岡市 1

こちらの手水舎は鳥居の手前、
境内ではなくて駐車場の脇にあるんです。
「とやまの名水 気多神社の清水」と記されています。

氣多神社 高岡市 12

お清めをすませ、
ささ、参りましょう!

氣多神社 高岡市 13

何十段かある階段の向こうに
ようやく「鳥居」が★
日ごろの運動不足を痛感します~(汗

氣多神社 高岡市 3

境内は意外に広く、参道沿いや
あちこちに石灯篭が建っています。
家紋入りの「神馬」の像も。
堂々としてますネ★

氣多神社 高岡市 4

もう一段高台に。
おおーっ、見えてきました♪

氣多神社 高岡市 7

「拝殿」です!

氣多神社 高岡市 5

拝殿前の「狛犬」クン。
なかなか長髪な狛犬クンです。
お顔も小さい感じで、今風の君かな?。。。

氣多神社 高岡市 10

=== 案内板より ===
氣多神社は養老2年(718)に僧の行基が創建したと伝えられ、
天平宝字元年(757)に、越中から能登国が分立した後、
越の大社と崇められていた能登の羽咋にある氣多大社を、
越中国府に近い現在地に勧請したともいわれている。

氣多神社 高岡市 9

こちら、
重要文化財に指定されている「本殿」です。


盛時には越中一宮として境内の周囲に神宮寺である
徳証寺をはじめとする大伽藍が並立していたと伝えられるが、
寿永年間(1182)に木曽義仲、天文年間(1532~1554)には
上杉謙信と2度の兵火で、ことごとく焼失したという。

現在の本殿は、永禄年間(1558~1569)に再建されたと伝えられる。
云々。。。

氣多神社 高岡市 11

「一宮 ichi-no-miya」と書かれた額がかかっています。
弘法大師・空海の書なんだそうです。

氣多神社 高岡市 6

「ご神木」。
大きな杉です。

氣多神社 高岡市 8

「御輿堂」。

由緒ある神社さんでした。
もっと歴史なんかを調べたら楽しいだろうなー。
また来てみたい、
また来よう、氣多神社。。。


以前の記事はこちらから。
越中国分寺跡  ★高岡市

氣多神社
@富山県高岡市伏木一宮

気多神社
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する