FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

特別天然記念物 魚津埋没林博物館 12

魚津市にある「魚津埋没林博物館」にやって参りました。
特別天然記念物だそうです、埋没林って。

この博物館、直線とカーブ、
コントラストもとても綺麗な建物です♪
しかし、この外観の綺麗さからは想像もできない
おどろおどろしいモノを拝見することになるとは~。。。
って。

特別天然記念物 魚津埋没林博物館 1

これ埋没林。
木の根っこデス


=== 案内板より ===
埋没林とは、土の中に長い間埋まっていた林のことです。
魚津埋没林は、約1500年前の海面上昇で水没した杉の巨大な林です。
海水面のより下の部分が水浸しの状態で、
樹根が現在まで保存されている。
この樹根は根が二段張りになっており、
水位の上昇とともに、元の根の上の方から
新たに根が伸びている。
1930(昭和5)年頃に魚津港の修築現場から出土。
云々。。。

特別天然記念物 魚津埋没林博物館 2

こちらは「洞杉」の展示。


===
前略。。。
洞杉には次のような生態上の特徴があります。
・樹齢500年以上と推定される古木で、幹の内部に空洞を持つものが多い。
・大部分が、谷間の急傾斜地に露出した岩を抱え込むように生育している。
・主幹がなく、複雑に枝分かれした樹形を持つ。
・大きいものは、幹周り(株立の幹の合計)が25m以上に達する。(最大で約30m)
云々。。。


まさしく根っこの博物館!
そして、水中展示館へ進むと。。。

特別天然記念物 魚津埋没林博物館 3

うおーっ(汗。。。

特別天然記念物 魚津埋没林博物館 4

ひや~っ(汗、(汗。。。

特別天然記念物 魚津埋没林博物館 5

おぅえ~っ(汗、(汗、(汗。。。

すげーっ。

特別天然記念物 魚津埋没林博物館 6

大きなプールの中に、水中に展示されてマス!
なんとも奇妙なお姿。。。

特別天然記念物 魚津埋没林博物館 7

○この水槽は昭和27(1952)年に発掘された状態で展示してあり、
底はそのままの地面です。

○水槽の水は地下120メートルから掘り上げた地下水(真水)で、
常に15度前後の水が流れこんでいます。

○海水は弱アルカリ性で木材を腐食しますが、地中の埋没林のまわりには
冷たくきれいな地下水が流れて海水の影響を受けなかったため、
樹根が2000年近くの間腐らずに残ったと考えられています。

○水中の藻の発生を防ぐため、証明を暗くしてあります。

と、記されてありました★
なるほどっ!

特別天然記念物 魚津埋没林博物館 8

乾燥展示館。
大きいなー。
2000年も前の木の根っこだもんなー。
すごい★

特別天然記念物 魚津埋没林博物館 11

すぐそこが海ですから、

特別天然記念物 魚津埋没林博物館 9


特別天然記念物 魚津埋没林博物館 10

カモメも飛んでます♪


以前の記事はこちらから。
道の駅で浜焼きをいただきました!  魚津市★道の駅 蜃気楼

ホームページはこちらから。
特別天然記念物 魚津埋没林博物館~埋没林と蜃気楼の博物館~

特別天然記念物 魚津埋没林博物館
@富山県魚津市釈迦堂814
TEL/0765-22-1049

特別天然記念物 魚津埋没林博物館
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する