FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

侍塚古墳 大田原市 1

那須国造碑の笠石神社からすぐのところ。
侍塚古墳群があります。

「ぜひ見ていってください~。前方後方墳の中では
日本で一番美しいと云われる景観ですから~。」と、
神社の神主さんからお聞きしたので寄ってみました★

侍塚古墳 大田原市 2

=== 案内板より ===
下侍塚古墳(しもさむらいづか こふん)
下侍塚古墳は、那珂川右岸の段丘上に位置する
前方後方墳で、那須地方の6基の前方後方墳の中では、
上侍塚古墳に次ぐ規模である。

侍塚古墳 大田原市 4

本墳は、元禄5年(1692)、徳川光圀の命により、
小口村(馬頭町小口)の庄屋であった大金重貞らが
上侍塚古墳とともに発掘調査を行っている。
鏡・鎧片・鉄刀片・土師器壷・同高坏・大刀柄頭などが出土したが、
これらは、絵図にとるなど調査結果を記録したうえで、
松坂の箱に収め、埋め戻している。
さらに墳丘の崩落を防ぐために松を植えるなどの保護整備も行われた。
この調査と調査後の遺跡の処置は、日本考古学史上特筆されるものである。

昭和50年には土地改良事業にともなう周濠調査が
湯津上村教育委員会により行われた。
その結果、古墳の規模、周濠の形状や葺石などが確認され、
墳丘から崩落したと考えられる土師器壷などが出土している。
古墳の築造は、出土遺物や墳形の特徴などから
5世紀初めごろと考えられている。
(国指定史跡)
云々。。。

侍塚古墳 大田原市 3

この一帯が侍塚古墳群。
手前のこんもりが「8号墳」で、
左奥のこんもりは「5号墳」。


那須国造碑、近くにあるこの古墳。
父・那須直韋提(なすのあたいいで)の遺徳を、
その息子・意斯麻呂(おしまろ)が石に刻んだのが那須国造碑です。

侍塚古墳 大田原市 5

これだけの人物ですから、近くに立派なお墓があるだろうと
徳川光圀さんによって発掘調査された古墳であると
神主さんがおっしゃってましたョ。
しかし実際は那須直韋提さん以前の豪族のお墓だったらしいです。
なるほどっ!


以前の記事はこちらから。
笠石神社の「那須国造碑」  ★大田原市

下侍塚古墳
@栃木県大田原市

下侍塚古墳
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する