FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

木幡神社 矢板市 1

=== 案内板より ===
木幡神社 創建
人皇50代桓武天皇御宇延暦14年(795年)
征夷大将軍坂上田村麻呂が
山城国宇治郡(現京都府宇治市)鎮座
許波多(コハタ)神社を勧請


矢板市にある「木幡神社・きばた」にやって参りました!
堂々とした朱の鳥居をくぐり、

木幡神社 矢板市 11

「楼門」です★

木幡神社 矢板市 3

境内に入って、
「手水舎」のドラゴン君。

木幡神社 矢板市 7

そして「拝殿」。

木幡神社 矢板市 5

拝殿前にいらっしゃるのは、
おぉーっ!子ずれの「狛犬」クンです♪
鼻がひろがっちゃってて、
唇が大きいですねー。

木幡神社 矢板市 6

こちらはチッコイ方。
生意気盛りなのかな。。。

木幡神社 矢板市 4

「鉄灯籠」です。

===
この鉄灯籠は、徳川家康の供養のために、
松平土佐守藤原忠義が日光東照宮に寄進されたもので、
「元和3年4月17日松平土佐守藤原忠義」の銘がある。

日光東照宮から木幡神社に移された記録はないが、
損壊部や亀裂が認められることから地震等で破損し、
歴史的に日光東照宮との深いつながりがある木幡神社に
移されたものと推察される。
云々。。。

木幡神社 矢板市 9

「本殿」。
派手な装飾はありませんが、
国の重要文化財に指定されています。

木幡神社 矢板市 8

右から。

木幡神社 矢板市 12

社殿を取り囲むように、
大きなスギが立ち並んでいます。


===
この地域は、木幡神社を中心にすばらしい緑地環境に恵まれ、
境内をつつむ樹齢200年をこえる見事なスギ林が緑の美しさを
私たちに教えてくれます。

木幡神社は、桓武天皇の時代(781~806)に
坂上田村麻呂が蝦夷征伐の時に戦勝を祈願したといわれ、
江戸時代には将軍家から御栄印を賜わるなど
由緒ある神社です。
また、境内の本殿や楼門は国の重要文化財に指定されております。
云々。。。

木幡神社 矢板市 10

===
天岩戸神社御神木 招霊(おがたま)の木
モクレン科のこの木は、常緑樹で現在神社において
榊を祭事に使っていますが、昔は招霊の木に神様をお招きし
祭事を行ったり、神様にお供えしてまいりました。
又、天照皇大神宮様岩戸隠れの際、天鈿女命この木の枝を
お持ちになり舞を奏し、天照皇大神宮様岩屋よりお出ましいただき
再び明るい平和の時代が参りました。
云々。。。

木幡神社 矢板市 2

ずいぶんと昔に建てられた神社さんです。
昔は「コハタ神社」だったんじゃないのかなー?、
とも思いました。
日光東照宮との関係も調べてみたら
オモシロそうですね。

とても明るい神社さんでした♪
また来よう、木幡神社。。。


木幡神社
@栃木県矢板市木幡

木幡神社
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する