FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

青龍神社 館林市 3

=== 案内板より ===
この井戸は、江戸時代に福寿院(現在は廃寺)の境内にあり、
伝説によると、延宝年間(1673~1681)に突然清水が噴き上がり、
中から女官姿の「青龍権現」が姿をあらわしたことから
「青龍の井戸」と呼ばれるようになったといわれています。
当時は、徳川綱吉が館林の城主となった頃で、
城下は、御三家の一つである水戸家に並ぶほどの
これまでに例を見ない隆盛を誇っていたことから、
ますます良い兆しであるとして、人々の大変な噂となりました。

この話を聞いた綱吉の生母「桂昌院」は井戸のかたわらに
「青龍権現社」を再建したといわれ、綱吉も五代将軍となると
10石の朱印地を寄進したと伝えられており、
神社の入口には、現在でも「葵の御紋」が見られます。

青龍神社 館林市 2

また、この井戸と善導寺(現在は楠町に移転)境内の
「竜の井」と「城沼」とが一つにつながっていたという伝説もあり、
こうしたことから、7月10日の縁日には、
延命長寿の霊験あるこの井戸の水を
参拝者に与える習わしがありました。

青龍神社 館林市 1

平成10年に、井戸の調査がおこなわれましたが、
井戸の深さは7メートル程、
井戸の断面は、深さ約3メートルのところで大きく膨らみ、
集水のための工夫が施されていることがわかりました。
現在でも、冷たくてきれいな水がこんこんと湧き出しています。

青龍(青竜)の井戸です!


以前の記事はこちらから。
歴史の小径にある風景 その3 「外池商店」と「旧二業見番組合」  ★館林市

青龍神社
@群馬県館林市

青龍神社
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する