FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

小泉神社 群馬県邑楽郡大泉町 1

邑楽郡大泉町にある「小泉神社」にやって参りました。

小泉神社 群馬県邑楽郡大泉町 2

2つの鳥居をくぐり、
すぐに出迎えてくれるのは「狛犬」クンです。
ぐるぐる目ん玉に、ウゥ~と、歯を食いしばっています。
じゃれ付いている小っさい狛犬がかわいいデスね。
しかし、表情がおもしろい★

小泉神社 群馬県邑楽郡大泉町 3

右手に立派なご神木がありました。

=== 案内板より ===
延徳元年小泉城主富岡主税介直光は、
古河公方成氏に従って軍功があり、戦勝記念に吾妻の山岳から
欅楓数百本を持って来て城外城内に移植させ
広大な庭園を築いた。
村人等はこの庭園を殿林(とのばやし)と呼んでいました。
云々。。。


これらの木々は後になって御用材として伐採されてしまいますが、
その後継ぎに植えられたのが今のご神木なのだそうです。

小泉神社 群馬県邑楽郡大泉町 10

こちらが「拝殿」。

小泉神社 群馬県邑楽郡大泉町 6

そして「本殿」。

小泉神社 群馬県邑楽郡大泉町 9

精巧な彫刻が施されています★

===
当社の創建は古く、元慶7年(883)で、
邑楽郡佐貫荘の荘官であった・佐貫弾正良綱の次男の築比地良基が、
村の鎮めと安全を祈って築比地(富士重工業敷地)宮原の地に、
藤原氏の先祖で東国に下り、ことに邑楽郡の治安治水につとめ、
国土を拓き農工商すべての産業開発に功労があったと伝えられる、
藤原長良公の威徳を追慕して神霊をおまつりした。
この社を村人は長良明神と呼んだ。

小泉神社 群馬県邑楽郡大泉町 4

その後、延徳元年小泉城主富岡主税介直光により社殿が再建され
社領が寄進されたが、天正18年豊臣秀吉の小田原征伐の際、
豊臣軍の兵火にかかり社殿・神宝・旧記はことごとく焼失した。

小泉神社 群馬県邑楽郡大泉町 11

そののち長良明神はわずかに再建されたが本村宮原の片隅にあった。

小泉神社 群馬県邑楽郡大泉町 8

当時領主であった杉山三右衛門が社地を寄進したので、
移転造営の工事をおこし、慶長16年宮原の鎮座を現在地へ移して
小泉村へ鎮祭した。

小泉神社 群馬県邑楽郡大泉町 7

我ら町民往昔よりこの神社を、産土の神と崇敬すること
殊に深く、実に西邑楽の総社であった。
本殿は嘉永元年から安政元年にかけての造営で、
彫刻がすばらしく(登龍門の鯉)東群馬にまれな傑作である。
明治5年上小泉村の村社となった。
明治10年に現在の拝殿、幣殿が再建された。
その後、明治45年には学問の神として有名な
下小泉の村社菅原神社を始め町中の神社を合併して
総社小泉神社と改称した。


すぐ近くには城之内公園があります。
由緒にもあるように、
昔から地域の人々の信仰が厚い神社さんなのですね。
歴史もあってなかなか興味深かったです。

また来よう、小泉神社。。。


小泉神社
@群馬県邑楽郡大泉町

小泉神社
コメント
この記事へのコメント
実にかわゆいお目めですね。
是非、お会いしに行きたいと思いました♪
2013/02/13(水) 22:25 | URL | わんこの目線 #-[ 編集]
わんこの目線 さま★
はじめまして。
いろいろな神社さんに行かれてるのですね!
参考になります♪
コメントどうもありがとうございました。
2013/02/14(木) 07:58 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する