FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

覚満淵 群馬県勢多郡富士見村 3

赤城神社の近くなんですよねー、ここ。
「覚満淵・かくまんぶち」にやって参りました★

湿原の周りをくるりと、
この遊歩道、1周30分弱くらいかな。。。
ゆっくり散歩しましょう。

覚満淵 群馬県勢多郡富士見村 1

途中、ベンチでお弁当をひろげるオバちゃんたち。
盛り上がってました★
楽しそだネ。

覚満淵 群馬県勢多郡富士見村 4

=== 案内板より ===
標高1360mに位置するこの湿原は、東南部にある湧水と
斜面から供給される雨水とによって、かん養されており、
そのほとんどが、中間湿原的なヌマガヤ群落であるが、
ここで最も大切なところは、北側から半島のように張り出した部分である。
ここはミズゴケとツルコケモモ群落で、泥炭の厚さが、
2.5m~3mくらいあるといわれ、高層湿原化していると
思われるところである。

覚満淵 群馬県勢多郡富士見村 2

赤城山は植生的に表日本型の地域であるが、
ここにミズゴケやツルコケモモなどの湿原が形成されることは、
例外的であり、貴重なものとして公園内自然保護地に指定されている。
また覚満淵の地名は、南北朝時代に編さんされた「神道記」に由来し、
これによれば、允恭(いんぎょう)天皇の御代(5世紀中頃)比叡山の高僧、
覚満法師が当地を訪れ7日7夜にわたる大法会を行ったことから、
当時無名であったこの地を覚満淵と呼ぶようになったとされている。

う~ん、勉強になるなぁ。
富士見村の覚満淵でした!


覚満淵
@群馬県勢多郡富士見村

覚満淵
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する