FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/08

=== 案内板より ===
当社は、佐久地方開拓の祖神である「興波岐命」と
御父神「建御名方命」(諏訪さま)、御伯父神「事代主命」(恵比寿さま)
「誉田別命」(八幡さま)の四神をまつる佐久三庄三十六郷の総社である。

古来、武将をはじめ人々の崇敬あつく、
源氏、足利氏、田口氏、武田氏、徳川氏、大給氏らが
社領寄進・神殿修理再建等を沙汰している。
わけても源頼朝は源氏の祖神「誉田別命」をまつるべく沙汰し、
甲斐源氏の流れをくむ武田信玄は永禄8年(1565年)上州箕輪城攻略の際、
戦勝祈願文を奉り見事勝利をおさめている。
三重塔(嘉祥2年=849年)、
東本殿(室町時代・信玄再興)は重要文化財、御魂代石は重文指定申請中である。
云々。。。

新海三社神社 佐久市 10

佐久市にあります「新海三社神社」にやって参りました。

「狛犬」君です。
決してスリムではなく、どちらかといえば
ブルドックのような体形だね。

新海三社神社 佐久市 11

「手水舎」。

新海三社神社 佐久市 8

「拝殿」。
ここの神社さんも見どころ満載で、
興味ひかれる建物がたくさんありました♪

新海三社神社 佐久市 9

「新海三社神社」の額が掲げられています。
拝殿より覗くと、正面には「中本社」が見えます。

新海三社神社 佐久市 6

拝殿のちょうど真裏に
「西本社」と「中本社」が並んで建てられています。
この二つの本社の間にあるのが、
「御魂代石・みたましろいし」。

新海三社神社 佐久市 7

「西十二社」

新海三社神社 佐久市 5

こちらは「神楽殿」。

新海三社神社 佐久市 1

「東十二社」と「天神社」。

新海三社神社 佐久市 2

本社は西本社と中本社、
さらに「東本社」と、全部で3つあるのですが、
東本社手前にいらっしゃった、もう一対の「狛犬」君。
さっきの狛犬君にくらべて、狛犬っぽいですネー(笑。
獅子らしいというか。。。

新海三社神社 佐久市 3

「東本社」。
西と中は朱で彩られたお社だったのに対し、
こちらは茅葺のような屋根で、
印象もずいぶんと違うものです。

新海三社神社 佐久市 12

社務所近くにあった「石祠」と「道祖神」。

新海三社神社 佐久市 4

石垣が残され、「神宮寺跡地」と記された標柱。
至るところに歴史の足跡が残っている神社さん。

そしてもう一つ、東本社の裏には、
とても迫力のある「三重塔」が建っていたのです!
つづく。。。


新海三社神社
@長野県佐久市田口

新海三社神社
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する