FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2020/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/04

上杉家廟所。[山形県米沢市]

山形県米沢市です。
前回の続きであります。「上杉家廟所」。

=== 案内板より ===
上杉家廟所
藩祖上杉謙信公の閟宮を中央にして、
その両側に12代までの藩主の廟が並んでいます。
廟は2代から8代までは社造りで、材質もケヤキを用い、柱は丸柱となっています。
9代から12代までの廟は、10代藩主鷹山公の考案による宝形造りで、
材質もスギやヒノキを用い、柱は角柱と簡素になり、藩の財政事情がうかがわれます。
謙信公の遺骸は、甲冑をつけ甕に納められ、
越後春日山(現新潟県上越市)から会津(現福島県会津若松市)を経て
米沢城へ移され、明治9年に現在の場所に移葬されました。
昭和59年(1984年)1月「米沢藩主上杉家墓所」として、国指定史跡となった。
云々。。。



上杉家廟所。[山形県米沢市]
正面にある「謙信公廟所」。

=== もうひとつの案内板より ===
米沢藩主上杉家墓所
歴代の米沢藩主の墓所で、杉木立の中に整然と廟屋が並び、
市民からは御廟所あるいは御霊屋と呼ばれている。
中央正面奥が戦国時代の名将上杉謙信公の廟で、
上杉氏の移封に伴い、越後春日山から会津若松へ、そして1601年、
米沢城本丸へ移された。さらに明治9年にこの地に移葬され、
墓所全体が現在のように整備された。



[上杉家廟所。その2 [山形県米沢市]]の続きを読む